ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

help RSS ロニー・ジェイムズ・ディオ一周忌レインボー特集@【銀嶺の覇者/リッチー・ブラックモアズ・レインボー】

<<   作成日時 : 2011/05/18 13:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

 ああテンション下がる!! この記事書くの2回目。実はさっきほぼ完成した記事が消えてしまったのだ。たまにこういうパターンあるので困る。
 さてロニー・ジェイムズ・ディオが昨年5月16日に亡くなって一年がたった。[レインボー]については別に避けていた訳ではないが、何となくベタなので(もっとベタなの色々取り上げてきたけど)後回しにしているうちに今日になってしまった。
 たまたまレコ・コレの6月号も[レインボー特集]ということで、タイミング的にも良いかなと・・・。
レインボーのファースト・アルバム【銀嶺の覇者】。原題の【リッチー・ブラックモアズ・レインボー】というタイトルから分かるとおり、はじめはリッチーのソロ・アルバム扱いであった。
 パープルの【嵐の使者】のレコーディングで、リッチーはクォーターマスの『ブラック・シープ・オブ・ザ・ファミリー』を録音する事を提案。しかしメンバーに拒否され、ソロ・シングルとしてレコーディングすることを決意。(クォーターマスについては昨年の6/02のレコジャケ天国の記事で取り上げています)
 
その際に以前アメリカ・ツアーの前座で競演した[エルフ]をバンド丸ごと(ギタリスト以外)イギリスに呼んで、シングルを完成。B面にロニーが詞をつけた『16世紀のグリーンスリーブス』を入れた。その仕上がりに手応えを感じて、急遽アルバム制作に発展。

その後は皆さんご存知の通り、リッチーはパープル脱退。パープルはトミー・ボーリン加入。リッチーの脱退は衝撃ではあったが『マン・オブ・ザ・シルバー・マウンテン』を聴いて、「なるほどリッチーがやりたかったのはこういう事か」と納得した。トミー・ボーリン加入の【カム・テイスト・ザ・バンド】も予想以上の仕上がりで、どちらにも納得の結果だったと思う。

さて、【銀嶺の覇者】についてだが、『マン・オブ・ザ・シルバー・マウンテン』は正しく『スモーク・オン・ザ・ウォーター』系のリフで始まる、リッチー得意のパターン。レココレの解説によると「4度平行移動リフ」というそうである。呼び名はともかく俺もギターでよく弾くリフ。よくできたハード・ロック。
『セルフ・ポートレイト』は第2期パープルによくあったパターンで、これもリッチーの好きなメロディなのだろう。
ブラック・シープ・オブ・ザ・ファミリー』はさすがに念願通りの仕上がりだったと思う。ロニーの歌唱が素晴らしい。
キャッチ・ザ・レインボー』は新しいスタートへのリッチーの初心表明みたいな楽曲。明らかにジミ・ヘンドリックスの名曲『リトル・ウィング』からインスパイアされたに違いないバラード。素晴らしい!!日本人のツボを押しまくるメロディ。
『スネークチャーマー』は【嵐の使者】の2曲目『ラブ・ドント・ミーン・ア・スィング』とよく似たリフから始まる曲。これも隠れた名曲。
『ザ・テンプル・オブ・ザ・キング』当時のリッチーとロニーの黒魔術や中世といった共通の興味を反映した楽曲の走り。
『イフ・ユー・ドント・ライク・ロックン・ロール』これはずばりエルフ的なナンバー。ミッキー・リー・ソウルのホンキー・トンク・ピアノをフィーチャーしたロックン・ロール。このアルバムを入手した後、[エルフ]のアルバムを手に入れて聴いてみたら拍子抜けするくらい普通のアメリカン・ロックでガッカリした記憶がある。
16世紀のグリーンスリーブス』リッチーにアルバム作りを決断させた一曲。
ラストはヤードバーズの作品『スティル・アイム・サッド』をインストにアレンジ。これも味わい深い。
さて、こうして新しいスタートを切ったものの、ロニー以外のメンバーの力量に不満を持ったリッチーは残りのメンバーを全員解雇。セカンド・アルバムではコージー・パウエルを迎え[三頭政治]の時代が始まる。








銀嶺の覇者
ユニバーサル インターナショナル
2006-08-30
レインボー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 銀嶺の覇者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Quatermass (W/Book) (Dig)
Repertoire
2007-05-22
Quatermass

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Quatermass (W/Book) (Dig) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんと
こんな先生に
ちゃんと
ロックを教えて欲しかったです 笑
平和風
2011/05/19 23:17
たぶん映画〔スクール・オブ・ロック〕のジャック・ブラックみたいな先生だったかも(笑)
ロック仙人TF
2011/05/20 00:40
いいなあ
それ理想です
オレ
ギターまじめにやります
平和風
2011/05/21 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロニー・ジェイムズ・ディオ一周忌レインボー特集@【銀嶺の覇者/リッチー・ブラックモアズ・レインボー】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]