ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS こういうバンドは面白かったな【ユニオン・ジャック】ベイビーズ

<<   作成日時 : 2015/10/03 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 80年リリース。ジョン・ウェイト率いるブリティッシュ・ハードロック・バンド。こういうタイプのハードロックが存在したのはやはり80年くらいまでかな?
タイトルが表しているとおり、それまでのややアメリカ寄りのサウンドから軌道修正して、部分的にフリー、バッドカンパニーを彷彿させる路線に変化したのは正直うれしかった。※なおこのアルバムには後にジャーニーに参加するジョナサン・ケイン(キーボード)とリッキー・フェリックス(ベース)が新たに参加していて、ジョン・ウェイトはベースをおいてリード・ボーカル専任となっている。
 考えてみればメンバーにストライダーやスポンティニアス・コンパッションにいたトニー・ブロックが在籍している段階で、アイドル志向ではなく、本格的なハードロックになるはずだったのだ。
 1曲目の『バック・オン・マイ・フィート・アゲイン』はややキーボードの音が80年代しているけど、悪くはない。
『ミッドナイト・ランデブー』これなんかはバドカンや初期のフォリナーに近いかな。
『ユニオン・ジャック』・・・タイトル・ソング・・・これもブリティッシュらしいこだわりを感じさせるナンバー。
『イン・ユア・アイズ』・・・これもどちらかというとフォリナーなんかに近い路線。良いんだけどね。
『エニタイム』・・・これは骨太のブリティッシュロックらしい仕上がり・・・。良いな。
『ジーザス・アー・ユー・ゼア』・・・これもなかなか疾走感のあるロックン・ロール。
『ターン・アラウンド・イン・トーキョー』・・・これリフがいかす。好きだな。
『ラブ・イズ・ジャスト・ア・ミステリー』・・・重量感のあるバラード。
 てことで今聴くと玉石混淆の傾向は否めないが、全く取るに足りない作品ではない。
ただ、あと2〜3年早ければもう少し何とかなったかなという感じ。プロデュースがキース・オルセンだったので余計にそんな風に感じられる。
 ジョン・ウェイトはベイビーズに見切りを付けて、80年代ソロシンガーとして活躍することに・・・。








Union Jacks (24bt)
Rock Candy
2009-05-26
Babys

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Union Jacks (24bt) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



The Babys/Broken Heart
Beat Goes On
2008-11-03
The Babys

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Babys/Broken Heart の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Head First
Rock Candy
2011-07-04
Babys

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Head First の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



No Brakes/ Mask Of Smiles
Beat Goes On
2008-02-04
John Waite

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by No Brakes/ Mask Of Smiles の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こういうバンドは面白かったな【ユニオン・ジャック】ベイビーズ ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる