ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ライター】キャロル・キング

<<   作成日時 : 2015/11/29 17:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 キャロル・キングといえばなんといっても【つづれおり】なんだけど、これはその前段階としてなかなかの秀作だと思う。70年リリース。日本では【つづれおり】のあとに発売されたが、実質ソロ・デビュー・アルバムはこちら・・・。
 バッキングには、ダニー・コーチマー(クーチ)、チャールズ・ラーキー、ジョン・オブライエンそしてジェームス・テイラー・・・といったザ・シティ時代の仲間達が務めており、私生活のパートナーはこの頃はベースのチャールズ・ラーキーだった。
 『ノー・イージー・ウェイ・ダウン』や『チャイルド・オブ・マイン』『ゴーイン・バック』といったしっとりと落ち着いた曲調がメインだが、オープニングの『スペースシップ・レーシズ』のようなヘヴィなスワンプ色のあるロックナンバーもなかなか面白い。
カントリー色の強い『トゥ・ラブ』なんかはやはりジェームス・テイラーやダニー・コーチマーの影響が大きいかな。
 『ホワット・ハブ・ユー・ガット・トゥ・ラヴ』のさりげなく都会的なグルーヴ感は、そのまま【タペストリー】に受け継がれた。
 『イバンチュリー』・・・ジェームス・テイラーのアコギが良い味を出しているバラード。これ良いなぁ。
『ラズベリー・ジャム』・・・ほんのりとローラ・ニーロっぽいジャズ・スウィング感のあるナンバー・・・これもなかなか。
『キャント・ユー・ビー・リアル』・・・こちらはゴスペルっぽい雰囲気を持つスローナンバー。ダニー・クーチのギターが抜群に素晴らしい。
『アイ・キャント・ヒア・ユー・ノー・モア』・・・コンガが効果的なアップナンバー。良いね。ここでもダニー・クーチが大活躍!!
『スウィート・スウィートハート』・・・アーシーなスワンプ・ナンバー。良いね。
『アップ・オン・ザ・ループ』・・・このまま【つづれおり】に収められていても不思議ではないナンバー。

てことで大傑作【つづれおり】と比べると分が悪いが、決して駄作ではない。
 でも、これ聴いてると、やっぱり【つづれおり】聴きたくなるんだよね・・・。








ライター
Sony Music Direct
2004-04-21
キャロル・キング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライター の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Tapestry
Epic Europe
2010-10-19
Carole King

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Tapestry の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Live at the Troubadour
Hear Music
2010-05-04
Carole King & James Tayl

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live at the Troubadour の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Music
Sbme Special Mkts.
2008-03-01
Carole King

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Music の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サラブレッド
Sony Music Direct
2004-05-19
キャロル・キング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サラブレッド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Carole King Live In Concert
Rhys/Priority
1994-02-22
Carole King

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Carole King Live In Concert の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ライター】キャロル・キング ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる