ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 80年代洋楽再考【ウォーキング・ウィズ・ザ・ハウス・オブ・ファイア】カルチャー・クラブ

<<   作成日時 : 2015/12/21 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 84年リリース。前年発表された【カラー・バイ・ナンバーズ】が大ヒット。単なる色物ではなく、確実な実力を持ったグループとして認められた。またボーイ・ジョージのボーカリスト、ソングライターとしての才能も十分に認識され、正にスーパースターに・・・。
 さてこの3rdアルバムは前作での成功を基にして、さらに愛や反戦などのメッセージを打ち出して完成度の高いアルバムになったと思う。※準メンバーのバック・コーラス、ヘレン・テリーの貢献度も高い。
 シングル・ヒットも文字通り反戦歌の『ウォー・ソング』、『ミステイクNo.3』、『メダル・ソング』などホワイト・ソウル全開の素晴らしい曲を次々と輩出。
 MTVでの巧みな映像戦略も後押しする形で、単なるオネエアイドル以上の評価が高まった。
しかし・・・その後例のマリファナ疑惑(逮捕)によって、スターダムから転げ落ちる。
 86年リリースの復帰作【フロム・ラグジュアリー・トゥ・ハートエイク】の頃にはすっかり人気はなくなり、また、ソングライティングにも事件の影響からか、まぶしいようなひらめきは感じられなくなってしまう。
本当にもったいないことだ。
 現在の耳で聴くと、ここに展開されている音楽は「シンブリー・レッド」にも通じるものがあり、つくづく事件さえなければ、カルチャー・クラブはより高見を目指して良い作品を連発していたのでは?と思ってしまう。
 ルックスも含めてカルチャー・クラブの最後の輝きを閉じこめたアルバムになってしまったと言えると思う。









Waking Up With the House on Fire
Virgin Records Us
2003-10-07
Culture Club

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Waking Up With the House on Fire の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



カラー・バイ・ナンバーズ+5
ユニバーサル ミュージック
2015-11-04
カルチャー・クラブ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カラー・バイ・ナンバーズ+5 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー+4
ユニバーサル ミュージック
2015-11-04
カルチャー・クラブ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー+4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



From Luxury To Heartache
Import
culture club

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by From Luxury To Heartache の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
80年代洋楽再考【ウォーキング・ウィズ・ザ・ハウス・オブ・ファイア】カルチャー・クラブ ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる