ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS マイ・フェイバリット・ソングス『ドント・レット・ミー・ビー・ロンリー・トゥナイト』

<<   作成日時 : 2016/02/10 10:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 クラプトンはカバーセンスもなかなかよくて、それがヒットする場合も多い。
アルバム【レプタイル】の中でピカイチの出来なのが、ジェームス・テイラーの名バラード『ドント・レット・ミー・ビー・ロンリー・トゥナイト』のカバー。
 これがオリジナルを上回るような素晴らしい仕上がり。このアルバムでは、スティービー・ワンダーの『アイ・エイント・ゴナ・スタンド・フォー・イット』も取り上げているが、こちらはやや凡庸な出来。
 『ドント・レット・・・』はジェームス・テイラーのオリジナルはややあっさりとした味わいなのだが、クラプトン・ヴァージョンはファルセットまで駆使して、パッショネイトな泣き節に仕上げている。
 これがかつて、クリーム時代とかにボーカルに自信がなくて、なかなか歌いたがらなかった男とは思えない見事な歌いっぷり。
※なおブルースのカバーや得意のJ.Jケイルのナンバー(トラベリン・ライト)はあぶなげない仕上がり。






Reptile
Reprise / Wea
2001-03-02
Eric Clapton

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Reptile の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイ・フェイバリット・ソングス『ドント・レット・ミー・ビー・ロンリー・トゥナイト』 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる