ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS こちらも嬉しいリ・イシュー【ラズベリーズ】

<<   作成日時 : 2016/03/01 08:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 千鳥のノブ風に言うと「クセがすごい!!」。
ラズベリーズの『ゴー・オール・ザ・ウェイ』・・・イントロはまるでフリー(ブリティッシュの名バンド)みたいなのに、本編に入るとビーチボーイズっぽい甘いメロティが突然始まる。そして、それにビートルズの要素も加わり、再びイントロと同じヘヴィなリフで終わる。
 これは本当に初めて聴いたとき、こけそうになったね。
で、エリック・カルメンのソロはある程度揃えたけど、ラズベリーズについてはベスト・アルバムと2ndアルバムだけ持っているというちょっといびつな扱いだったんだけど、今回最近紙ジャケ、リマスターで全アルバム出たので、とりあえず1stと3rd(例の山盛りラズベリーのギミック・ジャケを再現!!)をゲット!!

まずはファースト、前述の『ゴー・オール・ザ・ウェイ』でスタート。やっぱりインパクトが大きい。
2曲目はウォリー・ブライソン作の『カム・アラウンド・アンド・シー・ミー』。まるでポールが作るようなキャッチーでほんわかとした佳曲。
 続く『アイ・ソー・ザ・ライト』はエリック・カルメンとウォリーの共作。これもポールっぽい甘酸っぱいメロディ。
『ロックン・ロール・ママ』はデビッド・スモーリー作の文字通りのロケンロール。これも悪くない。
『ウェイティング』・・・いかにもエリック・カルメンらしいクラシカルなピアノをフィーチャーしたバラード。
『さよならを言わないで』・・・これも、素晴らしいバラード。
『ウィズ・ユー・イン・マイ・ライフ』・・・ウォーリー作のちょっとおどけた感じのラブソング。
『ゲット・イット・ムーヴィング』・・・スモーリー作のロケンロール。
ラストは『アイ・キャン・リメンバー』・・・エリック・カルメンらしいメランコリックなナンバー。

てことで、どちらかというとエリック・カルメンとウォーリーがメロディアスな曲、スマーリーがロケンロール担当という感じを受ける。
 まあ、これはあくまでこのファースト・アルバムでの印象だけど、当たらずとも遠からじ・・・ってとこかな。








ラズベリーズ+5(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル ミュージック
2016-02-24
ラズベリーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラズベリーズ+5(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



明日を生きよう+1(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル ミュージック
2016-02-24
ラズベリーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 明日を生きよう+1(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サイド3+2(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル ミュージック
2016-02-24
ラズベリーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サイド3+2(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



素晴らしき再出発+1(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル ミュージック
2016-02-24
ラズベリーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 素晴らしき再出発+1(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こちらも嬉しいリ・イシュー【ラズベリーズ】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる