ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェフ・ベック新譜【LOUD HAILER】

<<   作成日時 : 2016/07/17 17:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 なんと今回のベック・バンドは女性二人を含む、またまた新しい布陣。てっきりリード・ボーカルにジミー・ホールを迎えた前作(2015年)のライヴアルバムでのラインナップかと思いきや。
例の一昨年の日本公演の時のバンドはとっくに消滅していて、 ベースにジョバンニ・パロッティ、ドラムスにデビッド・ソラージ・・・とこれまた聞き覚えのないメンバーを選び、ボーカルにはロージー・ボーンズ、リズムギターにカルメン・ヴァーデンバーグという二人の美女を採用。
 もちろんベックの眼鏡にかかるのだから、実力のほどは保証付きなのだが、かつて女性メンバーを加えるという前例はあるものの、(ジェニファー・バトン、タル・ウィッケンフェルド、ロンダ・スミス)二人同時に・・・というのは初めてだ。
 で・・・結果は・・・近年のスタジオ作、あるいはロニー・スコットでのライヴでは一部女性シンガーを迎えて吹き込んだ曲はあったが、ここまで本格的にかっぷり四つで女性ボーカルを立ててのアルバムというのは、今回が初めてなのだ。
 そしてどうやら、ベックの思惑はずばり的中・・・。
前作のライヴの演奏は悪くはなかったが、やはりジミー・ホールのボーカルはベックの演奏にはフィットしていなかった。※ウエット・ウィリーの時のジミー・ホールは好きなんだけどね。
 俺はもしも健在ならボビー・テンチともう一度組んで欲しいのだが・・・ベックはどうやら男性のボーカルをメンバーに加えることは諦めたようだ。
 ともかくベックはしばらくはこの体勢で行くみたいだ。
何度もいうが悪くない。むしろかなり新鮮で、うたばんとしてのベックもまだまだいけるという証明がなされたと思う。
 しかし、ベックこの年でモテ期到来か? なんつって!!










ラウド・ヘイラー
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-07-15
ジェフ・ベック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラウド・ヘイラー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェフ・ベック新譜【LOUD HAILER】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる