ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS キッスにラスヴェガスは似あいすぎだぜ!!【キッス・ロックス・ヴェガス】

<<   作成日時 : 2016/08/10 22:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

なかなか納得のいく映像作品がなかったキッスだけど、これは決定版になるかも・・・。
もっともポール・スタンレー、ジーン・シモンズ、トミー・セイヤー、エリック・シンガーという現在の布陣にかぎったことだが・・・。オリジナル・メンバー4人による、時間的にも内容的にも満足のいく作品は残念ながら未だに商品化されていない・・・。

 さて、ところでラスヴェガスといえば、かつてはロックとはかけ離れた場所であり、そんなところでショーをやるのは、いかにもショービス真っ只中のスターか、落ちぶれた往年のアイドル・・・と相場が決まっていた。
 例えばエルヴィス・・・ギャンブル目当ての金持ちの爺さん、婆さんたちが高いチケット代を払ってかつてのロックンローラーとは、かけ離れた容姿の太りすぎたスターを見る場所・・・それがヴェガスであったはず・・・。
 つまりヴェガスでショーをやるなんて、ダササの極地であり、またそんな場所で演奏するバンドなりシンガーは軽蔑の対象でしかなかった。
 それが現在では・・・キッスやガンズさえ、堂々と演奏できる場所になったのだ。時代は変わる。
もっとも、これが収録された「ハードロック・ホテル&カジノ」のザ・ジョイントという施設はまさに、ロックをやる会場としては最適の場所だったらしい。

セットリストは旧ファンにお馴染みの『デトロイト・ロック・シティ』 『パラサイト』『デュース』『ドゥー・ユー・ラヴ・ミー』『ゴッド・オブ・サンダー』『シャウト・イット・アウト・ラウド』などはもちろんのこと、比較的最近のナンバー『クリーチャー・オブ・ナイト』『リップ・イット・アップ』『サイコ・サーカス』『ヘル・オア・ハレルヤ』なども違和感なく取り上げられていて、改めてキッスのキャッチーさと、ヒット曲の多さに驚かされる。
しかし、終盤の『ブラック・ダイヤモンド』『狂気の叫び』そして『ロックン・ロール・オールナイト』の3連発に痺れる。
 エンドクレジットの時に流れる『ゴッド・ゲイヴ・ロックン・ロール・トゥ・ユーU』もいいね。

胡散臭さ満載でしかもショーの見せ方を知っているキッスだからこそヴェガスがばっちり似あう。
俺の買ったのはブルーレイ+CD三枚+オリジナルTシャッツのデラックス・エディション。
※7曲だけだけど、アコースティック・セッションもあってそれがまたいかす。







画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キッスにラスヴェガスは似あいすぎだぜ!!【キッス・ロックス・ヴェガス】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる