ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS リアルロックデイズ@【Led ZeppelinW】

<<   作成日時 : 2018/03/28 15:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 あともう少しで(4/4)このブログも8周年を迎えるのだが、その前にこれまでの書き方とは変えていこうかなと・・・。
それは、ロック(ポップス、ソウルも含めて)に出会い、聴き続けてきたこの40数年の間に、これは素晴らしい、多くの人たちに聴いてもらいたいというアルバム、楽曲はこのブログを初めて今日に至るまでに、もうほとんど紹介し尽くしたということがあるからだ。
 もちろん、まだ未聴のもの、ベテランアーティストの新譜が手に入れば、それはその都度レビューを書いていくつもりだが、それはこれまでのようには多くはないと思う。※映画DVDのレビューという手はあるけど、それは結構大変そうだし、大好きな音楽の記事を続けて行くには、これまで紹介済みのアルバムでもまた取り上げざる終えない。
 別に二回りめは駄目だというルールはないし、自分のさじ加減なのだが・・・。

で、もっと肩の力を抜いて、それらの音楽に初めてであった頃の新鮮な気持ちとかロックン・ロールの衝動みたいなものを素直に表現出来たらなぁと思ったのである。
 では、なぜ今このタイミングなのか? 実はここには書かないが個人的に最近後ろ向きにばかり捉えていた自分の生活を一新させるような朗報があったのだ。
 それが、今回のプログの構成を変える大きなきっかけになった。

さて、新装開店の第一弾はツェッペリンのおなじみの一枚。高校時代仲間とバンドを始めたとき、だいたい学生バンドがカバーするのはパープル派かツェッペリン派に分かれていた。俺らは両方やってたかな?

久しぶりにまっさらな気持ちで聴く【W】の気持ちの良いこと。
 『ブラックドッグ』『ロックン・ロール』『限りなき戦い』そして『天国への階段』。圧倒的にかっこよく美しい前半。
後半『ミスティ・マウンテン・ホップ』〜『フォー・スティックス』〜『カリフォルニア』〜『レヴィー・ブレイクス』は、高校生の頃は全く良さがわからなかった。今、今日まで様々な音楽を聴いてきてようやく最近、ジミー・ペイジの本当にやりたかったことが、このアルバムの後半部分の所にあったのではと思い始めている。
 単なるハードロックからの脱却そして、中近東やインド音楽、リズムコンシャスでストイックな音楽へのジミー・ペイジのあこがれは、ボンゾの存在なしにはなしえなかったことが今はわかる。
 長く様々な音楽を聴いてきて良かった。
『カリフォルニア』を聴いていたら、なんか泣きたくなった。こんなピュアな気持ちで音楽を聴くのは本当に久しぶり・・・。
なおテーマの方も今日からはアーティスト名、アーティスト名の頭文字のアルファベット、年代で分けていこうと思う。
 さて、もう一度最初から聴き直そう!!



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しています(汗)最近自分のPCのブラウザの設定が変なことになって頻繁にフリーズするようになってしまいコチラのブログにお伺いする頻度が少なくなってしまいました。8周年おめでとうございます!新たな企画で今後も読み応えありそうな記事が読めそうで楽しみです…豊富なリスニング体験を持つシュガー・シェイカーさんのロック全盛期に感じたリアルな印象って非常に貴重だし是非教えて頂きたいです!自分もブラウザの抵抗と闘いながらコチラへお邪魔したく存じます♪
mangohboy
2018/04/17 09:16
mangohboyさん、ありがとうございます!気がついたら8年。ここ近年はフェイスブックやMusseoに入り浸ることが多くなってなかなか新しい記事がかけずにいることも多く、反省しています。まあ、アラカンでもありますし、のんびり行こうかなと思います。これからも( ・_・)ノお願いします。
シュガー・シェイカー
2018/04/17 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
リアルロックデイズ@【Led ZeppelinW】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる