ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS ポール・マッカートニー【ライヴ】

<<   作成日時 : 2018/03/20 13:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 90年リリースの二枚組ライヴ。ポールのライヴではウィングス時代の【オーバー・アメリカ】があるので、あとは特別良いかなぁ〜と長年思っていたのだが、このライヴは正直気になっていた。ヘイミッシュ・スチュワートやロビー・マッキントッシュが在籍していたバンド時代なので演奏もバッチリ。個人的にはポールのバッキング・メンバーはウィングス以来一番好きな時期。
 なので、中身は聴く前からほぼ予想がついていたが、時期的に【フラワー・イン・ザ・ダート】リリース後ということもあり、『マイ・ブレイブ・フェイス』『フィギュア・オブ・エイト』や『ラフ・ライド』『プット・イット・ゼア』などなかなか良い曲が納められているのがいい。
 あとは『バンド・オン・ザ・ラン』『ジェット』『リブ・アンド・レット・ダイ』『メイビー・アイム・アメイズド』など定番曲。これまた定番のビートルズ・ナンバー『レット・イット・ビー』『ヘイ・ジュード』『イエスタデイ』『バック・イン・ザ・U.S.S.R』『ゲット・バック』なども安定した仕上がり。
 個人的には『バースデー』や『アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア』、カバーだけど『トウェンティ・フライト・ロック』とか『クラッキン・アップ』でポールのロッカーぶりがいかす。
 別にこのタイミングで手に入れなくても良かったんだけど・・・むしろ遅すぎたくらいか・・・いいライヴです!!

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
実はなかなかいいライヴ盤なんですよね。【フラワー・イン・ザ・ダート】からのナンバー,ウイングス時代,ビートルズの曲など,選曲も多彩で楽しめます。唯一気になるのは,ポール・マッカートニーのヴォーカルは,ライヴでは高音が枯れてざらつくことが多く,気になります。ウイングス時代のライヴでもそうなので,やむを得ないのかもしれませんが。
ギニー・イン・ユア・ルーム
2018/04/01 10:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポール・マッカートニー【ライヴ】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる