ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS プレイバック名盤C【フィジカル・グラフィティ】Led Zeppelin

<<   作成日時 : 2018/07/12 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ZEP好きなアルバムたくさんあるけど、一枚選べと言われたら、俺の場合、やっぱコレ!!
理由はそれまでのZEPの集大成的な作品であること。楽曲も捨て曲なしで充実。※あとから、今までの没テイクが多く使われたと聴いてガックリ来たけど・・・。

 ロックン・ロール、ハードロック、ブルース、フォーク・トラッド、ファンク、中近東やインドの音楽などなど・・・本当にZEPの音楽性は幅広く、そのどれか一つがかけても物足りないという位。
その点このアルバムには無理なくすべての要素を納めることができたと思う。
 そして毎回思うのは、ジミー・ペイジのギターリフの多彩さと、ボンゾの複雑怪奇な変則ビート。
これ個人としてはディスク1の『カスタード・パイ』『ザ・ローバー』『イン・マイ・タイム・オブ・ダイイング』『ハウス・オブ・ホーリー』『トランプルド・アンダーフット』『カシミール』の怒濤の6連発が何度聴いてもいいね。
もちろんディスク2も良いんだけど、繰り返し聴くのはディスク1が多いかな?
マイ・オールタイム・ベスト・名盤に確実に入る作品!!