アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ブラック・ウフル」のブログ記事

みんなの「ブラック・ウフル」ブログ

タイトル 日 時
ブラック・ウフル【ティア・イット・アップ・ライヴ】
ブラック・ウフル【ティア・イット・アップ・ライヴ】  久しぶりにレゲエを・・・。ブラック・ウフルは以前にも何度か取り上げられているが、俺が今回入手したのは82年リリースのライヴ。良いね。ダルでタイトでヤバそうな空気が伝わってくる。※俺はどうもマキシ・プリーストとかのラバース・ロックは今ひとつグッとこないだよね。  その点ブラック・ウフルは良いな。 昨晩は自分のバンドのライブがあって、正直その興奮がさめやらなかった。 こういうサウンドはそれを沈静化させてくれるはずなのだが、どうも体の芯から、チロチロと熱を上げる働きがあるみたいだ。明日辺りはま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 14:41
残暑きびしいこの時期にレゲエを聴く【シンセラミ】ブラック・ウフル
残暑きびしいこの時期にレゲエを聴く【シンセラミ】ブラック・ウフル  いやぁ、朝晩多少涼しくはなってきているものの、まだまだ厳しい暑さが続くな・・・とはいっても弘前は気温はそれほどではない・・・というか、関東以南に比べればずっと楽なはず・・・では何かきついかとというと湿度が高いんだよね。盆地ならではの特徴なのか・・・。  昨日偶然本屋で、かつて一緒にバンドを組んでいたキーボード奏者に声をかけられた。「また一緒に音楽やりたいね」と言われたけど、俺はともかくとしてみんな忙しいからな・・・。※社交辞令なんじゃないかとふっと思ったりする。俺が声かけてもたいてい都合がつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/18 10:30
【レッド】ブラック・ウフル
【レッド】ブラック・ウフル  今日第二弾もレゲエで・・・ブラック・ウフル。81年リリースの【レッド】。 マイケル・ローズを中心とした3人組。このグループもなんか独特な魅力がある。哀愁を込めたメロディ。スライ・ダンバーのドラムスとロビー・シェイクスピアのベースを中心としてマイキー・チャンのギター、キース・スタイリング、ロバート・リンのピアノ。シンプルだけど重心の低いリズムの音圧。  プロデュースもスライ&ロビーだから、中身は折り紙付き・・・。 どの曲がどうの・・・というよりもアルバム一枚を通して流してグルーヴに浸ること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/15 13:06
ブリティッシュ・ジャメイカンのレゲエ【チル・アウト/ブラック・ウフルー】
ブリティッシュ・ジャメイカンのレゲエ【チル・アウト/ブラック・ウフルー】  こちらもスライ&ロビー絡みで、ブラック・ウフルー。82年リリースの【チル・アウト】。ジャメイカはイギリスの植民地であったという歴史上、ジャメイカからの移民も相当な数いるらしい。そこで、レゲエもイギリス発信のものが結構ある。マイケル・ローズ率いるブラック・ウフルーも、ジャメイカ本国で結成されたがイギリスで育ったジャメイカンによる影響の強いグループ。したがって、同じレゲエでも純本国産よりも若干ソフィスティケイトされた感じ。ジェネレーション的にもボブ・マーリーやトゥーツたちよりも一回り下の世代なので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/09 15:18

トップへ | みんなの「ブラック・ウフル」ブログ

ゴーイング・バック・ホーム ブラック・ウフルのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる