私的好盤 S.R.Vにはシャッフルが似合う【イン・ステップ】スティービー・レイ・ボーン

 スティービー・レイ・ボーンとの出会いは衝撃的だった。よくデイビッド・ボウイの『レッツ・ダンス』で始めて聴いたという人がいるが、俺の場合は『ラブ・ストラック・ベイビー』のPVを「ベストヒットUSA」で観てすぐアルバム【テキサス・フラッド】を買いに行ったという記憶がある。
 
 PVの内容は、死んでもギターを放しませんでした。いやギター持たせたら生き返りました、くらいのたわいもないものだったけど・・・。
 威勢の良いあんちゃんが出てきたなと思った。テキサス出身でブルース・ロックてのが、よかった。これがただの早弾きサンだったら、好きにならなかっただろう。
 で、セカンドアルバム、サードアルバムもゲット。サードの【ソウル・トゥ・ソウル】はドラッグの問題もあり、あまりたいしたことがなかったけど、ファーストとセカンドはずっと愛聴してきた。ライブの映像も数種持っている。
 
 さて、S.R.Vの死後に出された【イン。ステップ】はなかなか良い出来だ。もっとも数年間の未発表テイクを集めたものなのだが・・・。
 ウィリー・ディクソン作の『レット・ミー・ラブ・ユー・ベイビー』、バディ・ガイの『リーブ・マイ・ガール・アローン』スローも良いな。バディのギターの音色をかなり意識している感じ。
『トラビス・ウォーク』S.R.V得意のインスト・ナンバー。『ウォル・オブ・ダニエル』ジャズ的なコードも使ったシャッフル。行かしてる。
『スクラッチン・スニッフ』軽いタッチのロックン・ロール。ロックン・ロールもテキサス流というか、ちょっと違うんだよね。テスサス出身のロッカーというとZZトップとかジョニー・ウインターなんかいるんだけど、やっぱ土地柄というかなんか独特のえぐさがぐっとくるなぁ。
『ラブ・ミー・ダーリン』俺の一番好きなパターン。ヤッパS.R.Vには『シャフル・ビート』のブルースがよく似合う。
In Step
Epic Europe
1999-03-01
Stevie Ray Vaughan

ユーザレビュー:
1曲で大満足「Riv ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年07月21日 20:59
いろいろ事情がありまして、今日でブログを閉めることにしました。本当はもっと書きたいこともあるんですが、今はちょっと無理そうです。でも、ロック仙人TFさんのブログにはこれからもお邪魔させていただくと思います。ChickのHNでコメントもすると思います。すごく短かったですが、いつもコメントありがとうございました!かなり間をおいてからになりますがまたブログを始めると思います。そのときもHNはChickにするつもりですので、もしまたブログ立ち上げたらお知らせするつもりです。すいません、コメント欄お借りしました。
2010年07月21日 22:01
それはそれは・・・残念デス。セッカク仲良くしてくれたのに・・・。近況報告もかねてコメント時々下さいな。ではひとまず・・・。

この記事へのトラックバック