バッド・カンパニー公演まであと一ヶ月!!【ラン・ウィズ・ザ・パック】

 待ち遠しいバッド・カンパニー日本公演。で、今回は彼らの3作目【ラン・ウィズ・ザ・パック】を。
『リブ・フォー・ザ・ミュージック』ウーン!!素敵な言葉だ。正にポール・ロジャースのためにあるような言葉。サウンドはシンプルでタイト。カッコイイ!!
『シンプル・マン』これもポール自身のことだろうな。ただの単純な男って意味じゃないよ。誠実な正直なヤツってことだろうな。渋いバラード。
『ハニー・チャイルド』これもカッコイイ、リフロック!!ポールのボーカル、ミック・ラルフスのギター最高!!
『ラブ・ミー・サムバディ』・・・やるせないラブ・バラード。ピアノはたぶんポール自身が弾いているのだろう。
『ラン・ウィズ・ザ・パック』・・・ちょっとストーンズ辺りを意識したタイトル・ソングだが、結果バド・カン節以外の何者でもない。グルービー。
『シルバー、ブルーアンドゴールド』これもポール・ロジャーズお得意のバラード。
『ヤング・ブラッド』・・・コースターズのオールドR&Bのカバー。ちょっとおどけたボーカルとコーラス。肩の力の抜けたリラックスしたいい感じ。
『ドゥ・ライト・バイ・ユア・ウーマン』・・・1作目に納められていた『シーガル』にちょっと似た感じのマイナー・バラード。
『スイート・リル・シスター』・・・・ストーンズの『ブラウン・シュガー』ッぽい乗りを持ったロックン・ロール。こういう曲をやらせると本当にかっこいいんだ。
『フェイド・アウェイ』ラストにふさわしい泣きのバラード。
全体としてはちょっとバラードの比重が大きかったか、セールス的にはあまりふるわなかったと思う。バンドの方向性で試行錯誤していた頃の作品だったかもしれない。
それでも凡百のロック・バンドの作品に比べれば平均点を遥かに上回るものだと思う。バド・カン好きにとってはどれも思い入れがあるからね・・・。












Run With the Pack
Atlantic / Wea
1995-05-12
Bad Company

ユーザレビュー:
気負いの取れた良いア ...
ブリティシュ・ロック ...
ブリティシュ・ロック ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Run With the Pack の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

丈-take-
2010年08月24日 23:32
言葉がありません!10月、心底楽しみですね!!
平和風
2010年08月25日 22:45
いいですねぇ~
バドカン大好きです
ライヴは行けそうにないので
持ってるDVDで
我慢します 笑

この記事へのトラックバック