アラウンド・ザ・ビートルズ④『マインド・ゲームズ』ジョン・レノン

 ジョンのソロではたくさん好きな曲があるが、『イマジン』も『ジェラス・ガイ』も良く取り上げられているので、今回は『マインド・ゲームズ』。
 シンプルな繰り返しのフレーズが印象的な一曲。ジョンの歌声はあくまで力強く、かつ切ない。
プロデュースはジョン自身だが、前作まででフィル・スペクターからしっかりウォール・オブ・サウンドを学んだようだ。ストリングスやピアノ、キーボードギター、パーカッションの多重録音で、ゴージャスなサウンドを作り上げている。
 いつまでも永遠に続くかと思われるAメロの素晴らしさと唐突にレゲエになるBメロだけで構成された歌がなぜこれだけ心に響くのだろうか。
 たぶんそれは、ジョンが誰かのためではなく、自分自身のために曲を書いているからなのだろう。

Mind Games
CAPITOL
2002-10-01
John Lennon

ユーザレビュー:
隠れた名盤J・ケルト ...
アコースティック・ナ ...
ジョンの魂の次に好き ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mind Games の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年09月04日 14:01
イイ曲ですねん
私も大好きな曲です
ジョンの声は
麻薬ですな・・・
まり
2010年09月04日 15:32
ジョン・レノンは大好きでよう記事にしてました。
「マインド・ゲーム」も甘さの中にせつなさ漂う名曲であります。

この記事へのトラックバック