突然ですがボブ・ディラン【ハード・レイン】

顔を白く塗り、鋭いまなざしでこちらを見るディラン。その表情は何を語るのだろう。 

 76年アルバム【欲望】発表後、ディランはローリング・サンダー・レビューという名のツアーに出る。バンドはT-ボーン・バーネットを中心に、ディビッド・マンスフィールド、スティーヴン・ソールズ、ロブ・ストーナー、ハワード・ウェイス、スカーレツト・リベラ。これに公演先各地でビッグなゲストが飛び入りで入るという奇抜なもの。
なお、ツアー中に参加したゲストはジョーン・バエズ、スティヴン・スティルス、ジョニ・ミッチェル、ディビッド・ブルーなど・・・。【ハード・レイン】はそのツアーの記録の一部。
 【ハード・レイン】には、これらのゲストはいないが、ディビッド・ボウイやイアン・ハンターの相棒として活躍したミック・ロンソンがマギーズ・ファームに参加。『オーシスター』『シェルター・フロム・ザ・ストーム』『ユー・アー・ビッグ・ガール・ナウ』『イディオット・ウインド』など【欲望】や【血の轍】に納められていた曲をメインに、ディランはより現代的なサウンドとアレンジでそれらの曲を全く新しく生まれ変わらせた。オリジナル・ヴァージョンもすごくいい曲揃いだが、ライブのディランはさらにアグレッシブで聴く者をノックアウトする。いなたさが目立つバンドの演奏はこの当時のディランの歌によく合っている。






Hard Rain
Sony Budget
1995-01-01
Bob Dylan

ユーザレビュー:
ディランのベスト・パ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Hard Rain の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック