ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 80年代洋楽再考パワフルに生まれ変わった『イエス/ロンリーハート』

<<   作成日時 : 2010/10/18 20:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

 『オウナー・オブ・ア・ロンリー・ハート』この曲との出会いはけっこう衝撃的だった。

 家のレコジャケアートギャラリーのテーマをプログレにしてたんだけど、今日で終了なので、駆け込みでプログレ3連発を!!!
80年代に入ってプログレ勢は、けっこう苦境に立たされていた。そんな時まさかあの[イエス]が、コンパクトでやたらポップな作品を発表するとは・・・。そのアルバムは【90125】。

 元々ジョン・アンダーソン、スティーヴ・ハウ、リック・ウェイクマンが脱退した段階で、残されたクリス・スクワイア、アラン・ホワイトは一時期、解散したZEPのジミー・ペイジ、ロバート・プラントとXYZなるプロジェクトを作る。「イエスのYとゼップのZを掛け合わせ」をねらったらしいが結局立ち消えとなる。
 
 まさか、あのダイナミックでクラシカルなイエスが「ニューウェイブ調」のこんな曲を作るとは・・・。しかも、ジョンとリック・ウェイクマンが脱退してトレバー・ホーンとジェフ・ダウンズ(バグルズ)を代わりに入れた【ドラマ】でさえ、全盛期のサウンドを再現していたのに。
 やはりトレバー・ラビンの持ち込んだ新しいサウンド・センスが素晴らしかったのだろう。当初「90125」とか「シネマ」と名乗っていたが、まもなく出戻りのジョン・アンダーソンも加わって、結局「イエス」を名乗る。

 タイトルソングは、デジタル・ビートやサンプリングを生かした極上のポップスに仕上がった。PVも現代人のストレスを表現した、やたら印象的なもので、火花やとかげの舌がデロリンと出てくるシーンに、ギターやシンセの音をシンクロさせる効果もよかった。そして、バグルズのトレバー・ホーン仕込みのオーケストラル・ヒット(ストリングスのジャン!!って音)も衝撃があった。
 ※残念ながらアルバム全体を通して、ロンリー・ハート以上の楽曲は見あたらなかった。




ロンリー・ハート(紙ジャケ SHM-CD)
ワーナーミュージック・ジャパン
2009-07-22
イエス

ユーザレビュー:
ジ・アート・オブ・イ ...
キャッチーな傑作イエ ...
奇跡の邂逅が生んだ軌 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロンリー・ハート(紙ジャケ SHM-CD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イエス 2
NO.00356 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2010/10/26 16:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
このPVは、おもしろいですね。
蛇とか、鷹とか、黒猫はいいけど…虫系はちょっとエグイかな…特にミールワームだと思うけど、これで顔洗ったり、目に乗せてるのは結構怖い…

このCDは持っています。
(これが出た時期って、CDとLPが、どちらも発売されてた時期だったですよね)

先日、息子が聞きたいと言うので聞かせてあげたら、ジョン・アンダーソンの声がキツイらしくて、数曲で「もういいよ〜」と言うと、どこかに行ってしまいました…

このアルバムの最後の曲「ハーツ」も好きな曲です。
れの
2010/10/20 07:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
80年代洋楽再考パワフルに生まれ変わった『イエス/ロンリーハート』 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる