口のでかさを最大限に生かして【ラグズ・トゥ・ルーファス】チャカ・カーン

 とにかく口がでかい!!マイクが軽く三本入りそうだ。ルーファスの時代から、その圧倒的な歌唱力とパワフルな声量でソウル界で群を抜く存在であったチャカ。ルーファス時代で一番好きだったのは【フィーチャリング・チャカ・カーン】でもなく【アスク・ルーファス】でもなく、【ラグズ・トゥ・ルーファス】。まだトニー・メイデンもボビー・ワトソンもいないが、俺の理想のルーファスのサウンドはこれ!!
 1曲目の【ユー・ガット・ザ・ラブ】この曲のカッティングのギターと、チャカの歌唱に完全にノックアウトされた。70年代のR&Bの名曲を10曲選ぶとすれば、俺は確実にこの曲を入れる。もう文句なくグルーヴィーでかっこいい。
 2曲目の『アイ・ガット・ザ・ライト・ストリート』も抑制されたストラット感覚のグルーヴがご機嫌。ブラスセクションのアレンジも見事。
 3曲目『ウォーキン・イン・ザ・サン』はサザン・ソウル的な味わいがあって、後期のルーファスにはない曲調で、これもまた素晴らしい。
4曲目『ラグズ・トゥ・ルーファス』タイトル・ソングはクルセイダーズをさらにファンキーにしたようなインスト・ナンバー。
あくまでここではチャカだけでなくグループとしての自分達の実力をアピール。

5曲目は『スイング・ダウン・チャリオット』トラディショナルなゴスペル風ナンバーだが、上田正樹とサウス・トゥ・サウスが『ムカデの錦三』でこの曲のイントロと前半をしっかりいただいていた。俺はどっちも好きだ。
 最初はあっパクッたなって思ったけど、まぁサウスはしっかり研究してるなぁって感心に変わった(笑)
『サイドウェイ』重量級ファンク。これもインスト・ナンバー。黒い!!
『エイント・ナッシング・バツト・ア・メイビー』感情が入るとついつい絶叫してしまうチャカだが、この曲は適度に抑制がきいていてよい。一人三重唱のコーラスも見事。ちょっぴりアレサっぼくなるところも愛嬌。
『テルミー・サムシング・グッド』(ちょっとたまにはほめてよ)は御大スティービー・ワンダーからプレゼントされシングル・ヒットもした曲。ミディアム・テンポの弾むリズムが面白いスティービー節だと一聴でわかる戯けた感じの曲。
『ルック・スルー・マイ・アイズ』さわやかなメロディを持つライトファンク。
『イン・ラブ・ウィー・グロウ』チャカの歌の上手さがよく伝わってくるシンプルなラブソング。いい!!
ラストは『スモーキン・ルーム』ここでもしみじみと感情の襞を表現するチャカ。ファンキーでチャーミング。でっかいアフロのかつらもよく似合っていた。






 


Rags to Rufus
Mca
1990-04-10
Rufus

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Rags to Rufus の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ワーナーミュージック・ジャパン チャカ・カーン&ルーファス/ライヴ/サヴォイでストンプ!
ムラウチDVD
★ ワーナーミュージック・ジャパン ライヴ/サヴォイでストンプ! チャカ・カーン&ルーファス/ライヴ

楽天市場 by ワーナーミュージック・ジャパン チャカ・カーン&ルーファス/ライヴ/サヴォイでストンプ! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2011年01月23日 10:51
ボクはチャカの
目のかわいらしさが大好きです
少女のような
無垢な
あの目
あれだけで
チャカを抱きしめたくなるほど
いとおしく感じます
歌はめちゃパワフルですがね 笑

この記事へのトラックバック