突然ですがボブ・ディラン『フォーエバー・ヤング』ひとりの父親として・・・

 ディランのザ・バンドとの共演アルバムはスタジオアルバムとしては例の【地下室・・・ベスメント・テープス】と【プラネット・ウェイブス】しかない。
『フォーエバー・ヤング』はその【プラネット・ウェイブス】に納められている曲。
「いやぁ、いつまでも若くいたいものですなぁ~。ハッハッハッ!!」という内容ではない!!またディランが自分の妻や恋人に対して望むことでもない。
 現在ウォールフラワーズで活動している息子のジェイコブに対して送った曲である。ジェイコブがまた幼かった頃、あまりにかわいくて「どうかそのまま(幼いままで)いて欲しい」って歌なのだ。
 俺はディランのこの気持ちがよくわかる。震災後俺もよく息子の小さかった頃のアルバムを見ては「この頃はかわいかったよなぁ」って思わずほおをゆるめてしまうことが多くなった。(年食った証拠!!)

 俺の息子は生まれた時未熟児で2000グラムもなかった。毎日仕事の帰りに病院によってガラス越に保育器の中の息子を見て家に帰っていた。時々むずがって鼻に通したチューブを抜き取ろうとしたり、足で保育器のふたをけっとばしていた。しかし、おかげさまでその後は標準体重になり、ひとり前に育った。
 幼稚園の頃はよくビデオカメラ担いで行事に積極的に参加したものだ。(完全に世の親ばかと同じ!!)

小学校2~3年くらいまでは、結構なついてくれていたと思う。高学年に近づくにつれて、親より友達と行動することが多くなった。

中学に入ると何かにつけて俺を避けるようになった。(当たり前だ。そういう時期がなくちゃ逆に心配になる)性格も幾分内向的になってきた。

高校に入って、初めて「ギターを教えてくれ」といってきた。市内の楽器屋でギターを選ぶ時に、一緒に来てくれと言われた時は嬉しかった。「やっぱギター選ぶならお父さんの意見聞きたくて・・・」って言ってくれた。
サザンのCDを手分けして一緒に集めるようになったし、おもしろいと思う漫画や小説を「これ、読んでみて!!」って、部屋にもってくるようになった。いろいろ悩み事もあったみたいだが自分ひとりで解決しているようだった。俺はその様子をただ見守っていた。

大学進学で仙台に旅立つ日(その前に引っ越し先にはお邪魔していたが)、なんか息子の新たな出発を心から祝ってやれる気持ちになれなかった。息子の乗った仙台行きのバスがあっけなくターミナルを出て行くと、こらえていた涙がいっきにこぼれ落ちた。
 たかが四時間半の距離であっても、昨日まで一緒に毎日顔を会わせていた人間が、そこから居なくなるという経験。もちろん、職場では何度も経験したことだが、身内でははじめてだった。
 がらんとした息子の部屋に入ると大量の漫画本が壁の収納にびっしり・・・。「お父さん、ビートルズのCD貸してよ」
って息子が俺の部屋に来ることもとうぶんないのだ。

さて、それでも大学生活を満喫して夏休みや冬休みに、こっち(実家)に帰ってくるとそれなりに情報交換したりできるので、息子の帰郷は毎回楽しみにしていた。俺の両親(じいさん。ばあさん)は俺よりもっと楽しみにしていたが・・。

二年前の春、大学を卒業し、仙台市内に就職を決めた。ちょうどその頃俺は仕事をやめた。「(仕送りひとり分)なくなるんだから、あんただけなら食べさせていけるわよ。」っていう女房の言葉と息子の「お父さんが決めた道だから思い通りにすればいいよ」って言葉に救われた。
 もう、不眠症とパニック障害でぼろぼろだったから・・・。

3月11日 息子の住んでいる若林区にも津波が襲った。さいわい同じ若林区でもかなり内陸の方だったので、息子のアパートまでは及ばなかったのだ。まぁ、部屋のCDの山がくずれた程度で済んだらしい。
なかなか携帯が繋がらなかったが、その後無事だという知らせが来た。ふだん神様など信じない俺だが、この時は本当に神に感謝した。(実は俺の寿命が十年短くなってもいいから、息子は助けて欲しいってお祈りしたのだ)

 電気、ガス、水道が復旧しない中、2~3日でもいいから、こっち(弘前)にもどってきたらとさそったら、臨時バスにのって十何時間かけてもどってきた。
 しかし、まともに家にいたのはほんの1日くらい、あとは友達とあったり、買い物につきあわされたりしてあまりゆったりと話もできなかった。でも、元気な顔をみられただけでよかった。
 元気な家族の顔を二度と見られなくなった方がたくさんいるんだから・・・。
仙台に帰る時、もう少し年休でもとってこっちにいたら・・・といったら、「いや、ただでさえ人数少なくて職場大変だから、これ以上甘えてもいられない。」と言った息子を見て、こいつ、大人になったなぁって思ったね。
手前味噌な話題を長々と書いてきたけど、ブログってそんなもんだよね。

今回は「ロック親父」の「親父」の部分だけが出てしまった。明日からまた、音楽記事全力で臨みます。だれも期待してないかもしれないけど・・・。



同名異曲だけど、ここにも親ばかがいるぞってことで載せときます。(笑)



Planet Waves
Sony
2004-06-01
Bob Dylan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Planet Waves の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

K
2011年04月08日 17:37
子供はいくつになっても子供ですからね。その気持ち良く分かります。一人の男として成長していく姿がうれしいものです。それにしても昨日の地震といい、中々落ち着きませんね。早く地震の心配しなくて済むようになるといいね。
2011年04月08日 19:03
Kくんは息子さん、迎えに行ったんだよね。その行動力はやはり我が子を思う気持ちなればこそ・・・。ディランのこの曲で、ディランも人の子の親なんだなとわかって、なんか嬉しくなったよ。
OASI-Z
2011年04月08日 23:29
いい話ですね~。息子さんがいる仙人さんが、羨ましくなりました。
ウチには娘が一人居るのですが、生まれた時は1,470グラムしかなく、生まれてから2週間保育器で育てられましたので、仙人さん同様に仕事の帰りに毎日、我が子を見に行った事を思い出しました。
(結局、その後も2週間病院に居たので、家に娘がやって来たのは生まれてから1ヶ月が経ってからでした)

私も大学が仙台で、調べたら今の若林区のアパートに居た事が判明しました。(当時は政令指定都市になる前で区制が敷かれる前でした)
息子さんの成長は、ホント頼もしいですね。
早く、お孫さんの顔が見たいのでは?(でも、おじいちゃんになるのは複雑?)
2011年04月08日 23:50
そうそう、早く息子が結婚して、孫つれて帰郷してくるつうのが理想ですね。ロックジジイもいいかなと!!
2011年04月09日 00:38
私の場合、子供がいないので、「子供目線」から読ませていただきました。
私は親に「この子も大人になったのね」と思われているのでしょうかねぇ(笑)
「結婚してもまだまだ手のかかる娘やわぁ、孫の顔もまだ当分見られそうにないし」と思われているんだろうな、とほろ苦い気持ちになり(爆)、思わず用もないのに母親に電話してしまいました。
一応、旦那様と二人で自活していますが、(…って当たり前か)やっぱりお役所系の書類や保険やお金のことや何やはすぐ親に聞いていますしね。
「大人力」、備えていきたいものです。
2011年04月09日 09:25
いやいや、煌砂さん、俺も偉そうに書いたけど[大人力]ないよ。子供に教えられることの方が多かったりするんです。自分自身が親との関係をうまく作れるようになったのは成人してからですね。だから、息子とはフランクに接するようにしてきました。けっしておもねったりはしていませんが、変に気をつかう関係にはしたくなかったし、音楽や映画や漫画の話題を親子でできるのは、ジェネレーション・ギャップを埋めるにはいいきっかけになったかなと・・・。また最近はうちの両親に映画のDVDなぞを貸し出したりしています。まあ俺にできる親孝行かな。
まり
2011年04月09日 11:06
ろくちゃん ウチは自活してない息子がいるけど
まあ 複雑な気持ちですが 幼い時は天使の羽がはえてたんですよねえ・・・

ディランのこの歌 「永遠に若く」だと 勘違いしてましたよ(^_^.)
それも ろくちゃんのこの記事で知ったので十分私にとっては役にたつブログです!!

まあ息子は信じてみまもるというスタンスで生きておりやす。 
2011年04月09日 20:08
こんばんは♪
コメント有難うございました!
なんか涙出た
ロック仙人様も人の親・・ですね
息子さん、無事で良かったです。
ウチも息子いますが、反抗期ありましたよ~
子供はいくつになっても愛しい存在ですね
2011年04月09日 21:41
毎度、お晩です♪

ロクちゃん自身も色々と苦しんで来たんですね。
私もプレッシャーで、同じような状況になる事もあります。
皆、大なり小なり一緒なんですわ!

人間、社長だろうが、平社員だろうが、根本は皆たいして変わらんちゅうことですね!
2011年04月10日 16:25
いい親子関係ですね!
このテの話は弱く、うるうるしてしまいました。えへへ・・・ロクちゃんも結構涙もろいですね 私も今から子どもが巣立って行く時のことを考えると涙が出てきます。なんて一生、家にいたりして。
お孫さんができたら、きっとメロメロのやさしいおじいちゃんになるんでしょうね!!
みゆ
2011年04月24日 20:20
こんばんわ。
この記事、今読んで、号泣してしまいました。
ロック仙人さんって本当に優しいんですね。
息子さんも、こんなに息子を愛してくれて優しくロックしてるすてきなお父さんを持って幸せでしょうね(^_^)
2011年04月24日 20:34
みゆさん、お久しぶりです。なんかね、年取った分涙もろくなってるというか、大人になりきれてないしょうもない親父なんです。だから、テレビドラマなんかでも、子供や動物をメインにしたものとかはできるだけ見ないようにしています。泣いちゃうから・・・[笑][JIN-仁]は見ていますが。

この記事へのトラックバック