ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS ベタ・ジャズR[サムスィン・エルス/キャノンボール・アダレー]

<<   作成日時 : 2011/06/21 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 ジャズ史上のミューズ「枯葉」を生んだ奇跡の名セッション。CD帯より・・・
 確かにそれは間違いではないのだけれど、一見「キャノンボール」のリーダー・アルバムなんだけど、実質一番目立っているのはマイルスだったりする。
 キャノンボール(アルトサックス)、マイルス・デイビス(トランペット)、ハンク・ジョーンズ(ピアノ)、サム・ジョーンズ(ベース)、アート・ブレイキー(ドラムス)。
 なんかものの本によるとマイルスが人のいいキャノンボールを説得して「リーダー・アルバム」を吹き込ませたらしい。
 結果名盤が生まれた。『枯葉』の叙情性。『ラブ・フォー・セール』のメランコリックな美しさからワクワクするようなスウィングへの移行。
タイトル・ソング『サムスィング・エルス』の優雅なグルーヴ。
『ワン・フォー・ダディ・オー』のゆったりしたブルージーな響き。
『ダンシング・イン・ザ・ダーク』の一寸いかがわしいメロディ(スプリングスティーンのあの曲じゃないよ。当たり前だけど・・・)
『アリソンズ・アンクル』生き生きとしたスウィング感とアートブレイキーのたたき出すグルーヴ。いかしてるよな。マイルス上手いことやったな!!

※本当は秋に聴くともっといいんでしょうが・・・。

ハンク・ジョーンズのピアノがいい感じです。



Somethin' Else
Blue Note
1999-02-04
Cannonball Adderley

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Somethin' Else の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私このアルバムを出す度にキャノンボール情けなゾ!と呟いていますよ(-_-;)

このアルバムにはキャノンボールの曲は1曲も入っていないのです。
B面2曲目の「ワン・フォー・ダティO」が弟のナット・アダレーの曲ですね♪
それでタイトル曲はもちろんマイルスの曲です♪
キャノンボールはこのアルバム納得していたのかな?
ユニゾン
2011/06/22 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベタ・ジャズR[サムスィン・エルス/キャノンボール・アダレー] ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる