ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS ハービー・ハンコックの最強ファンク〔ハング・アップ・ユア・ハング・アップス〕

<<   作成日時 : 2011/06/23 06:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 75年リリースの【マン・チャイルド】。70年代前半、アルバム〔ヘッド・ハンターズ〕以降ハンコックは大々的に自らの音楽にファンクの要素を導入!!
とにかくこのアルバム、1曲目の〔ハング・アップ・ユア・ハング・アップス〕のかっこよさは半端ない!! もうワウワウ・ワトソンギター・カッティングのかっこよさといったら・・・。彼のギターが無かったら、この曲もっと違った仕上がりになっていただろう。アルバムには他にも、ギターはデビットTウォーカー(この人もシブイ)、ブラック・マックナイト(ヘッド・ハンターズ)。ベースがポール・ジャクソン、ルイス・ジョンソン(ブラザース・ジョンソン)、ヘンリー・ディビス、ドラムスがマイク・クラーク、ハービー・メイソン(偉大なグルーヴ・マスター!!)、ジェームス・ギャドスンなど。サックスにはウェイン・ショーターをはじめとして、ベニー・モウピン、アーニー・ワッツ、ジム・ホーン(ストーンズとの競演でも有名)、他にも一曲『ステッピン・イン・イット』にはスティービー・ワンダーがハーモニカで参加。

同時期のスティービーからの影響もあるだろうが、エレピ、クラビネット、シンセなど縦横無尽の活躍を見せるハービーのキーボード・ワーク。そしてそれを支えるバックの演奏。とにかくご機嫌なファンクサウンドが満載。
 ワウワウ・ワトソンのファンキーなギター・カッティングの貢献度はかなり高い!!
 次作【シークレッツ】ではさらにレイ・パーカーJrも加わり、二本のリズム・ギターによってより変化に富んだファンクサウンドを聴かせる。(V.S.O.Pのライブでもそのアンサンブルが聴ける)

とにかく『ハング・アップ・ユア・ハング・アップス』の素晴らしさは今でも十分通用する。
※【ヘッドハンターズ】【スラスト】後の【サンライト】なども面白い!!
スタンダードなジャズをやるハンコックもいいけど、ブラック・ファンクのハンコックも最高!!
本格的なジャズは敷居が高くて・・・という人にもお勧め!!

マン・チャイルド
ソニーレコード
1999-11-03
ハービー・ハンコック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マン・チャイルド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ニューポートの追想
ソニーレコード
ハービー・ハンコック

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニューポートの追想 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハービー・ハンコックの最強ファンク〔ハング・アップ・ユア・ハング・アップス〕 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる