ミス・アメリカ リンダ・ロンシュタット【リヴィング・イン・ザ・U.S.A】

リンダはアメリカの歌姫の中では特に大好きなシンガー。これで取り上げるのは5回目かな?
78年リリースの【リヴィング・イン・ザU.S.A】。またまた選曲が素晴らしい。
チャック・ベリーのロケンロール『リヴィング・イン・ザU.S.A』ケニー・エドワーズ、ピーター・アッシャー、ワディ・ワクテルのバック・コーラスもばっちり!!リンダは元々はカントリー畑の出身、幾多のカントリー・シンガーと違うのはきっちりシャウトできること。ティラー・スウィフトなんかとは格が違うのだ。※もっともティラー・スウィフトなんかカントリーでもないけどね。
 『夢見る頃を過ぎても』1935年に作られた映画の主題歌として使われた曲だそうだ。しかし、そんな古い曲をどうやって見つけてくるのだろうか? たぶんピーター・アッシャーが探してくるのだろうが、これがワルツ形式のしっとりとしたバラード。リンダは朗々と歌い上げている。特に終盤は素晴らしい歌唱だ。
『ジャストワンルック』63年ドリス・トロイがヒットさせ、ホリーズやミッシェル・フィリップス(ママス&パパス)がカバーしているが、リンダはまるで自分の曲のように堂々と歌っている。レゲエ・アレンジが最高に心地よい。そしてほぼ切れ目なく繋がるのが、エルビス・コステロの『アリスン』。説明不要の大ヒット・ナンバーであり、コステロの初期の代表曲。デビット・サンボーンのサックスも効果的に使われている。コステロ自身は気に入らなかったらしいが、俺は大好き。
続いて一時期は恋人関係だったJ.Dサウザーの名曲『ホワイト・リズム・アンド・ブルース』。サウザー本人のテイクも大好きだが、リンダはリンダの持ち味があり、これもいいなぁ。
『オール・ザット・ユー・ドリーム』リトルフィートのレパートリーでポール・バレルとビル・ペインのペンになる曲。これはもう原曲を越えるくらいの出来。カントリー、スワンプ、ロケンロール、R&B何でも来いって感じ。
『ウー・ベイビー・ベイビー』・・・これも超有名曲。スモーキー・ロビンソンのミラクルズ時代に大ヒットした名バラード。
ほれぼれとするようなリンダの歌声。向かうところ敵なし!!イントロや感想のデビッド・サンボーンのサックスがまたまたいい味。
『モハメッドのラジオ』ウエストコーストきってのハードボイルド野郎、ウォーレン・ジヴォンの作品。※ウォーレン、そのうち取り上げよう!!
リンダはここでも力強い歌唱を聴かせ、単なるバラードで終わらせない。作品の本質をしっかりつかんでいるのだ。
『ブロウィング・アウェイ』J.Dと並んで取り上げられることが多いエリック・カズの作品。ミティアム・テンポの美しい逸品。この曲もリンダの非凡さがよくわかる歌。
ラストはなんとエルビスはエルビスでもキング・エルビス(プレスリー)の超有名バラード『ラブ・ミー・テンダー』をワディの弾くアコギとドン・グロルニックのオルガンのみで歌う。ハーモニーボーカルはワディ。
 ということでまたまた捨て曲なし。最後まで通して聴いて欲しい。そうすればまた頭から聴きたくなること請け合い。
 最後に参加メンバーを
ワディ・ワクテル(ギター、ボーカル)、ダン・ダグモア(ギター)、ケニー・エドワーズ(ベース、ボーカル)、ラッセル・カンケル(ドラムス、パーカッション)、ドン・グロルニック(キーボード)、デビッド・サンボーン(サックス)、アンドリュー・ゴールド(バック・ボーカル)
 そしてプロデュースはご存知ピーター・アッシャー。







本家コステロのテイクもドウゾ!!

ミス・アメリカ(紙ジャケット)
ワーナーミュージック・ジャパン
2010-07-07
リンダ・ロンシュタット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミス・アメリカ(紙ジャケット) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET
Warner Music
2010-02-27
Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年07月17日 17:52
やっぱり、リンダ・ロシェットっていいですね。
パワーがあって安心して聴けます(~~)
チャーミングな女性です!
2011年07月17日 17:58
大学の時、クラスで3人くらい熱狂的なファンがいましたよ。(笑)俺もその一人でした。
ケイ*
2011年07月17日 18:08
あの(笑)、名前がかなり違ってて
申し訳ありませーん!!
もう、可笑しくて・・(笑)
まり
2011年07月17日 22:08
リンダ・ロンシュタットは 好きな女性ボーカルですよ。
歌もうまいし 甘く切なさが自然とにじんできて 胸がキュンとします。
ロックロールも 彼女の魅力の一つ(^^)
2011年07月18日 14:49
まりさん>まさにそうそう胸がキュン・・・その感じです。リンダはロックンロールもバラードも両方いけますねぇ!!

この記事へのトラックバック