リンダ・ロンシュタットのルーツとは?南国情緒溢れる一枚【カンシオーネス・デ・ミ・パドーレ】

 87年リリースの【カンシオーネス・デ・ミ・パドーレ】・・・邦題〔ソングス・オブ・マイ・ファーザー〕。タイトル通り、リンダが子供の頃に慣れ親しんだ古いメキシコの歌曲を全編スペイン語で歌った企画もののアルバム。
 かつてのロック・ポップス的な音楽を期待するとがっかりするかもしれないが、元々メキシコの音楽やマリアッチに興味のあった俺はすぐに気に入った。

ドイツ系メキシコ人の血を引くリンダにとってはどの曲も父親や友人達が、普段の生活の中で奏でていた音楽。
 【ホワッツ・ニュー】をはじめとするスタンダード集の企画が一段落し、ドリー・パートン、エミルー・ハリスとの【トリオ】でカントリーやフォークなどのルーツを確認。
 その後「本格的にスペイン語でメキシコの歌を歌ってみたい」という願いをプロデューサーのピーター・アッシャーに相談したところ、あまりの熱心さに最初反対していたピーターも最後には賛同して実現したのだという。

ポップス・ロックのことなら得意なピーターだけでは心許なかったのか、共同プロデュースにはメキシコの音楽に詳しいルベーン・フェンデスという編曲、指揮者を迎え、ギター伴奏等、ミュージシャンの人選も任せた。

その結果実に本格的なメキシカン・ミュージックのアルバムが完成した。

俺は「ロック・ポップス」を唄うリンダが一番好きなのだが、このアルバムもすぐにお気に入りになった。

ロック、フォーク、ポップス以外のリンダのルーツを知るには最適なアルバム。

 もっと早く入手してもよかったな。






Canciones De Mi Padre
Asylum Records
1987-11-24
Linda Ronstadt

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canciones De Mi Padre の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Trio
Warner Bros / Wea
1987-07-07
Parton

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Trio の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Mas Canciones
Elektra / Wea
1991-11-19
Linda Ronstadt

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mas Canciones の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年09月18日 21:13
私も このアルバム、リンダのルーツって感じで好きです♪
ウエスト・コーストの歌姫やけど ちゃんとルーツも大事にしてる彼女らしさがいいですね!
あこがれだった彼女やけど メキシコの血が強くて
太っちゃったのが 残念ですねえ
2011年09月18日 23:10
まりさん、今晩は!!さすが、情熱のラテン系!!
やっぱり、大阪だと河内音頭とかがルーツなのかな?
リンダはメキシコ系なので太りやすいのかなと思います。よく映画なんかでメキシコのお母ちゃん出てきますよね。ただ、最近はバセドウ氏病で苦しんでいるのもあるみたいです。
megumick
2011年09月19日 15:53
今日はコメントいただいてすごくうれしかったです。まだ少ししか読めてませんがロック仙人TF さんの詳しさに驚きました!

リンダロンシュタット大好きでした。中学生のころよく口ずさんでたのが”It's So Easy とBlue Bayouだった事、懐かしく思い出しました。そうそう湯川れい子さんのAmerican Top 40が教科書代わりだった頃…
でもヒット曲ぐらいしかホントは知りません。
メキシカンのミュージカルの映像見た事無かったし…このブログって為になりますね。
勝手にリンク貼っていいですか?
これからも色々教えてください!
2011年09月19日 15:58
megumickさん、ようこそ。こちらもリンクはらせていただきます!!

この記事へのトラックバック