さらにビル・ワイマンを・・・よりスワンプに【ストーン・アローン】

 76年ビル・ワイマンのソロ2作目。【ストーン・アローン】。基本的に前作の延長線上にあるアルバムだけど、よりスワンプやニューオリンズ色の強いサウンドになっている。

レコーディングに参加したのは前作に引き続いてダラス・テイラー、ダニー・コーチマー、ドクター・ジョン、新たにニッキー・ホプキンス、ボブ・ウェルチ、ロン・ウッド、アル・クーパー、ジョー・ウォルシュ、ポインター・シスターズ、ヴァン・モリソン、グレッグ・エリコ、マーク・ナフタリン、ジム・ケルトナー、ジョー・バイタル、テリー・テイラー・・・など前作より遙かに豪華なメンバー。

ストーンズ、フェイセズ人脈とL.Aスワンプ人脈を最大限に生かしたメンバーだろう。

『ア・クウォーター・トゥ・スリー』・・・ゲイリーU.Sボンズの61年のナンバー・ワン・ヒット。
ノスタルジックな『ギミ・ジャスト・ワン・チャンス』。軽快なレゲエ『ソウル・サティスファイング』。
『アパッチ・ウーマン』・・・ネイティヴ・アメリカンをテーマにしたファンキー・チューン。かっこいい!!
『エヴリィ・シックスティ・セカンド』・・・・ストーンズの『パラシュート・ウーマン』を明るくしたような曲調。
『ゲット・イト・オン』T.レックスのあの曲とは同名異曲。
『フィート』その名の通り、リトル・フィートの影響が大きい。
『ワイン&ウィメン』・・・これはハモンドがうなりあげるブギー。
『イフ・ユー・ワナ・ビーハッピー』・・・妙に陽気なリズム。
『ホワッツ・ザ・ポイント』かなりウエストコースト色濃い仕上がり。
『ノーモア・フーリング』・・・ハウリン・ウルフ的な太いしゃがれ気なボーカル。

こういう音楽はブリティッシュロックの中では結構好まれるパターン。

ストーンズ影の立役者の面目躍如。




Stone Alone
Sequel Records UK
1997-02-05
Bill Wyman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Stone Alone の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Bill Wyman
Sequel Records UK
1997-02-17
Bill Wyman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bill Wyman の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Double Bill
Repertoire
2010-04-13
Bill Wyman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Double Bill の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック