ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS ブリティッシュならではの諧謔味をどうぞ【キンクス/エヴリバディズ・イン・ショービズ】

<<   作成日時 : 2012/01/09 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

キンクス、某車のCMでヴァン・ヘイレンの『ユー・リアリー・ガット・ミー』がかかる度にウキウキしてしまう。原曲がいかに優れた楽曲(ロケンロール)だということを思い知らされる。

キンクスは初期の頃のブリティッシュ・ビートを突き詰めることなく、次の段階に進む。そう一連の牧歌的ロック・オペラの世界へ・・・。

元々芝居っけのあったレイ・デイビスはイギリスを舞台にしたさまざまな戯曲的な楽曲を生みだし、トータルアルバムにしていく過程に没頭し始める。

【マスウェル・ヒルビリーズ】しかり【プリザヴェーション】しかり【アーサー・・・】しかり・・・。しかし、そうしたコンセプトにこだわればこだわるほど、レコードセールスは落ち込んでいった。

単なるロックンロールだけでは物足りなくなったレイは、元来自分達のルーツにあったブリティッシュ・トラッドやボードヴィル、さらにアメリカのカントリーやフォーク、ジャズといった要素を次々にロックに融合し、唯一無二の諧謔趣味のあるサウンドを作り上げた。

本作【この世はすべてショー・ビジネス】もそうした作品のひとつ。『ヒア・カムズ・イエット・アナザー・デイ』は比較的ロッキンな作品だが、ニューオリンズ風のブラス隊が入るとデキシーランド的な味わいも・・・。
『マキシマム・コンサンプション』・・・これも絶妙なベースとコーラスがスワンプ的な緩さを持ったナンバー。
『アンリアル・リアリティ』・・・こちらはボードヴィル調の楽しさがあるナンバー。
『ホット・ポテトズ』・・・アコギやドブロをフィーチャーしたスワンプ・チューン。
『シッティング・イン・マイ・ホテル』・・・レイ・デイビスらしい美しいメロディを持ったバラード。
『モーターウェイ』・・・ブルーグラスとトラッドの中間のようなナンバー。こういうのも良いね。
『ユー・ドント・ノー・マイ・ネーム』・・・ジョージ・ハリスンが歌うと似合いそうなカントリー・ロック。
『スーパー・ソニック・ロケット・シップ』・・・大人の寓話のようなナンバー。こちらはロニー・レインとかに合いそう。
『ルック・ア・リトル・オン・ザ・サニー・サイド』三流ミュージカルかボードヴィルのような味わい。こちらはポール・マッカートニー的。
セルロイド・ヒーローズ』一大名曲。こういう諧謔味を持つバラードを歌わせたらレイ・デイビスを越える奴はいない・・・と思わせるナンバー。

『トップ・オブ・ザ・ポップス』ここからはライヴ。やはりどちらかというと俺こっちの方が好きだな。※もちろん前半も良いんだけど・・・。根っからロッキンな方により惹かれる。
『ブレイン・ウォッシュト』・・・ギターの音色、サックスの下卑た味わい。それにハモンド・・・レイの特徴的なボーカル。
『ミスター・ワンダフル』一気にピアノ・ラウンジの雰囲気に退廃的でちょっと甘酸っぱいイントロ。トランペットもいい感じ。しかし、その後はニューオリンズ・サウンドヘ。
『ホリデイ』・・・ストラット感覚でジャジーなテンポ。
『マスウェル・ヒルビリー』粘りのあるスワンプ・ロック。
『アルコホール』・・・文字通り酔っぱらいの歌。こちらはやはりブリティッシュならではの芝居がかったナンバー。
『バナナ・ボート・ソング』・・・有名なあの曲です。「デーオ、イデェエエオゥ♪」
『スキン・アンド・ボーンズ』・・・軽快なブギウギ。ピアノやブラス隊もご機嫌。
『ベイビー・フェイス』・・・これもおなじみのスタンダード。
ラストは観客の大合唱だけで終わってしまうのが惜しい名曲『ローラ』。俺もコレ大好き!!

てことでスタジオ録音とライヴの変則的なカップリングによる二枚組。前半のロック・オペラも大好きだし、後半のライヴもご機嫌なんだけど、逆にそれぞれの持ち味を減らすような結果に・・・。出来れば別々に、さらにライヴだけで二枚組なんて出し方も合ったのでは??と思ってしまう。残念。でも、キンクスに駄作はほとんどないので・・・良いかァ。後に出されたライヴ二枚組【ワン・フォー・ザ・ロード】は名盤!!













この世はすべてショービジネス+2
ユニバーサルインターナショナル
2010-12-22
ザ・キンクス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by この世はすべてショービジネス+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



The Kinks Are The Village Green Preservation Society
Sanctuary UK
2005-03-12
Kinks

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Kinks Are The Village Green Preservation Society の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Muswell Hillbillies (Hybr)
Velvel Records
2004-08-24
Kinks

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Muswell Hillbillies (Hybr) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Schoolboys in Disgrace
Velvel Records
2004-08-24
Kinks

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Schoolboys in Disgrace の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組-第1回戦+3
USMジャパン
2010-11-24
ザ・キンクス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組-第1回戦+3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しています。
久し振りのコメントになります。

ちょいとひねくれたレイ・デイヴィス。
バンドも独特のグルーブ感を持っていて
ローリング・ストーンズよりも、
不良っぽかった様な気がします。
本作では、やはり「セルロイド・ヒーローズ」
ロマンティックな中にも、レイ一流の
皮肉が如何なく発揮されていましたね。

それとアルバム「ソープ・オペラ」の
雑多で俗物感満載の面白さは
彼らの独自性を感じさせます。
tone tone
2012/01/09 17:54
tone toneさん、お久しぶりです。キンクスはアルバムの枚数も多いし、時代ごとにサウンドも違うので、なかなか記事にするのが難しいです。因みに明日はセバスチャン・ハーディを取り上げようと思っています!!
ロック仙人TF
2012/01/09 20:11
「セルロイド・ヒーロー」一大名曲
激しく同感です
まさにこの曲をNHKで観て
感動しました
対訳付きだったのが
また良かったわけです
セバスヂャン・ハーディーも
楽しみにしています
大学に入って
バンドで最初にやったのが
『ロザンナ』でした
平和風
2012/01/09 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブリティッシュならではの諧謔味をどうぞ【キンクス/エヴリバディズ・イン・ショービズ】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる