ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS これからロックするやつらに、俺たちからの挨拶だ[AC/DC悪魔の招待状]

<<   作成日時 : 2012/02/01 11:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 さて昨日は70年代ポップスの話題けっこう盛り上がったな。
それにしても今日本は最強の寒気団に覆われ全国で雪の被害、弊害が多発!!インフルエンザもそろそろ猛威を振るい始めている。政局は混乱。いっこうに明るい未来は見えてこない。
ここ弘前も除雪作業は例年よりもかなり頻繁に行われているけど、地域によってばらつきがあって十分ではない。しかも、早朝に自分の家の前に、がりがりの雪のかたまりを大量に残した状態で除雪車がいってしまうので、結局余計に俺らが雪を片付けないと車も出せない。道路も両側に盛り上げ寄せた雪で狭くなり、車がすれ違うのもようやっと・・・。いつ接触してもおかしくない状況。今週末にかけてまたまた大雪警報が出ている。
こんな時は思いっきりハードでヘヴィなサウンドをまず一発かましておかなきゃ!!
 そう、いつまでもなまぬるいポップスなどにうつつをぬかしていてはだめだぁ!!なあんて、大好きなんだけどね。また近いうちに特集を組みますが・・・えへへ。

てな訳でAC/DCの【悪魔の招待状】・・・原題を訳すると[これからロックするやつらに、俺たちからの挨拶だ]てな感じ。

リリースは1981年、前作【バック・イン・ブラック】に続いてブライアン・ジョンソンを迎えた2作目。
前作はボン・スコットの追悼の意味も込められたアルバムということもあり、大ヒットしたが、本作も全英ナンバー1に輝く。
新参者だったブライアンもすっかりバンドにとけ込み、アンガスとともに以後バンドの顔にふさわしい存在となる。

ボン・スコットとは違い絶叫型のボーカル・スタイルは賛否両論あったが、なまじボン・スコットに似たタイプでなかったことが功を奏したと思う。

しかし、いつもながらの金太郎飴サウンドはラモーンズとためを張るくらいブレがない。※この後ちょっと低迷するものの・・・。

キース・リチャーズもこの頃AC/DCにはぞっこんだったということでAC/DCは圧倒的にボン・スコット時代の方が好きだった俺も、このあたりは聴き直してみた。

基本的にはボン時代と変わらないものの、よい意味でブリティッシュらしさが出てきたのは、やはりブライアンの加入が大きかったのではないかと思う。※ブライアンの以前いたジョーディーというバンドについても近々取り上げます。

まずは『悪魔の招待状』・・・邦題はちょっとやり過ぎ感が強いけど、要はロック賛歌だよね。ギター、いい音してるね。それにブライアンのしゃがれてつぶれているのにハイトーンのボーカル。否が応でも盛り上がる。パワーを与えてくれるサウンド。

『プット・ザ・フィンガー・オン・ユー』・・・「お前を指さし ねらいを定める」・・・大変失礼な曲(笑) はい、ここ笑うところ!!これちょっとストーンズの『リスペクタブル』に似た乗りがあるな。
『レッツ・ゲット・イト・アップ』『インジェクト・ザ・ゲノム』こういうちょっとリズムをためる楽曲もAC/DCの得意のパターン。
『スノウボールド』・・・雪だるまのように悪化する経済、政府の対応、文科省の訳わからない指導・・・家族殺し、年金問題、増税・・・ひとつも未来が見えない。ろくなモンじゃない。
『イブル・ウォークス』・・・ほらほらあんたのあとにも邪悪な足音がついてきてるぜ・・・。
『C.O.D』・・・シンプルでタイトなロケンロール。悪魔に対して現金払えとよ。とっくに払ってるぜ!!
『ブレーキング・ルールズ』・・・「ごろつきが近所に押し入った。常習犯だ。ゴミためのような生活。社会の吹き出物。ひどい仕打ちを受けて痛い目に遭う。そして壁の向こうで服役生活。そんなの反抗でも何でもないぜ。俺は俺で自分のやり方で刺激を楽しむ。」
『ナイト・オブ・ザ・ロング・ナイブズ』リフ命。シャウト命。マンネリ??けっこうじゃないか。
『スペルバウンド』ギターの音には相当こだわりがあると思うよ。アンガス、けっこう神経質なんじゃないかな。ステージの上ではそうは見えないけど・・・。
シンプルでいて、意外に細かいニュアンスにはこだわっていることがわかる曲。

さて、次はフレディ・キングに合わせてギター弾こうかな??おっとその前に雪片付けしなきゃ(トホホ・・・)







AC/DC以前のボン・スコット。こんな可愛いポップスやってます。結局みんなポップスが好きなんだな。



For Those About to Rock We Salute You (Dlx)
Sony
2003-04-29
AC/DC

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by For Those About to Rock We Salute You (Dlx) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Back in Black (Dlx)
Sony
2003-02-18
AC/DC

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Back in Black (Dlx) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



AC/DC Live: Collector's Edition
Sony
2003-02-18
AC/DC

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AC/DC Live: Collector's Edition の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
俺もこのアルバム、大好きです!
『バック・イン・ブラック』よりも。
タイトル曲はアンセムだし、もの凄い好きだけど他の曲もなかなか粒揃いだと思います。

そうそう!へヴィメタとかよりラモーンズに近いモノを感じる、俺も。
あとモーターヘッドね。
LA MOSCA
2012/02/02 19:56
MOSCAさん、返コメ遅くなってごめん!!AC/DCとモーターヘッドどちらもボーカルがうるさい!!つうのがいいよね。まったくボイストレーニングなんかやつたことがないという潔さ(笑)ヘヴィメタの連中ってさ、まじめにボイストレーニングやっててなんか違うんだよなぁ〜。
ロック仙人TF
2012/02/08 14:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
これからロックするやつらに、俺たちからの挨拶だ[AC/DC悪魔の招待状] ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる