ギターは顔で弾く!!顔で??【フレディ・キング・イズ・ブルース・マスター】

 ギターを顔で弾く? 血だらけになっちゃうだろ?違う違う!!
よくギター・ソロを弾くときに目をしっかりつぶって、感情をモロニ顔に集中させて弾いているのを見かける。
ロックでいうと、サンタナあたりが代表格かな? ゲイリー・ムーアもそうだな。特にトリルやチョーキング(ベンド)するときに顔をくしゃくしゃにして、場合によっては口も大きく開けるか、歯を食いしばるとか・・・それはギタリストそれぞれ特徴がある。のけぞるッてのもあるな。あといいって・・・。

これ気持ちはよくわかる。自分でも絶妙のタイミングでいいフレーズが弾けたりすると顔はもちろん、頭まで振ってしまう。(自己陶酔の極致)

フレディ・キングもソロの時、顔クシャクシャにして弾くよな。あとあのニカッと笑うところ。決して男前じゃないけど、なんか可愛いというか愛嬌あるよね。

Freddie King is a Blues Master
Atlantic / Wea
1992-09-30
Freddie King

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Freddie King is a Blues Master の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


アルバムを聴きながら、フレデイのギターに合わせて自分でもソロやバッキング、オブリなどを付けている。これが実に気持ちいい。※残念ながらES-335は持っていないのでエピフォン・カジノで・・・。

画像


『プレイ・イット・クール』・・・いやぁ、このゆったりした感じ、いいな。あとボーカル、ブラックにしてはあまり癖のない声。なので白人のアーティストがカバーしやすいのかも・・・。
『ザット・ウィル・ネバー・ドゥ』・・・こういうシャッフルのブルースはバッキングもソロもどっちも楽しい。
典型的なランニング・ベースが心地よい。
ついつい顔で弾いてしまう。
再びスロウに戻って・・・『イッツ・トゥ・レイト・シーズ・ゴーン』クラプトンも【レイラ】の中でカバーしている。ボビー・ウィットロックとクラプトンのボーカルの掛け合いが良い感じだったな。

『ブルー・シャドウ』おっまたギター弾くのにぴったりのミティアム・テンポのブルース。間の採り方が命。あまりフレーズを詰め込まず、あくまでボーカルとギターはコール・アンド・レスポンスになるように心がける。
『トゥディ・アイ・シング・ザ・ブルース』これもブラス隊がついたゆったりしたブルース。カッコイイ!!
『ゲット・アウト・オブ・マイ・ライフ・ウーマン』・・・「俺の人生から出ていけ!!このバイタ!!」ってな歌。ブルースにはこの手のテーマ、多いよね。逆に捨てないでくれッてのも多いけど・・・。
『ハイダウェイ』ファンキーなベース、オルガンがごきげんなインスト・ナンバー。こういうのもフレディの特徴。
『ファンキー』タイトル通りブルースというよりファンキー・ミュージックそのもの。
『ホット・トマト』あれ? これ最近誰かのページで見かけたような??これもインスト
『ワイド・オープン』・・・これもファンキー・インスト。まあ普通の出来・・・。
『スウィート・スィング』これまたシャッフル・ビートのインスト。
『レット・ミー・ダウン・イージー』ちょっとロッカバラード調のスロー・ナンバー。これもなかなかにホッコリするナンバー。
フレディ・キングはインスト・ナンバーでも有名だけど※『スタンブル』とか最高!!、俺はやっぱりボーカル入りのナンバーの方が好きだな。




フレディのヴァージョンが見つからなかったのでアルバートで勘弁を(汗!!)

このアルバムからではないですが・・・

豪華共演!!うしろのお姉ちゃんのダンスが意味不明・・・。



マイ・フィーリング・フォー・ザ・ブルース
イーストウエスト・ジャパン
2000-07-26
フレディ・キング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マイ・フィーリング・フォー・ザ・ブルース の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



BLUES GUITAR HERO
Ace Records UK
2001-03-27
Freddie King

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BLUES GUITAR HERO の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



エリック・クラプトン・ライヴ
USMジャパン
2011-11-09
エリック・クラプトン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エリック・クラプトン・ライヴ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

ogitetsu
2012年02月01日 21:17
確かに一流のブルースマンは良い顔してますね。あのー、ハンサムという意味ではなくて、噛みしめるとジワッと味が出るような感じ…。
おっ、御自身の写真のですか?
良いアルバムコーナーですね。おお、ジャクソン・ブラウンの一枚目なんかも有ったりして。

オギテツ
2012年02月01日 22:15
ogitetsuさん、今晩は!!B.Bとかバディ・ガイもクイ~ンて弾くときいい顔しますよね。

自分の写真そのものはけっこう前のものです。現在はまた壁のLPは取り替えています。ブラック系は別の壁に貼ってありますがブルースものが少なくてちょっと見劣りしています。ネットでも珍しいものはなかなかの値段なので・・・昔もっとブルースのレコード買っておけばよかったなぁ~。
2012年02月02日 00:43
ども!

カジノ激シブだな~!!

最初に聴いたブルースマンはフレディ・キングでしたね~。
2012年02月02日 09:27
カジノはビートルズやるのにもばっちりなんだよね。ていうかもともとそのために買ったんだけど(笑)・・・。箱ギターは扱いが自然にていねいになります。めずらしくクロスで拭いたりして・・・。
megumick
2012年02月03日 21:42
あっ、ロックさん、カッコいい!
ギター弾きさんですね~
どの楽器でも心から楽しそうに演奏してる人って
好きだな~

この記事へのトラックバック