ウィングス全盛期の傑作アルバム【ヴィーナス・アンド・マース】

 75年リリース、ウィングスの快進撃は【バンド・オン・ザ・ラン】以降~【U.S.Aライヴ】まで続く。※その後はまたまたメンバー・チェンジもあり、バンドとしての結束力はなくなっていく。

冒頭の『ヴィーナス・アンド・マース』~『ロック・ショー』の繋がりはその後のライヴのオープニングにも使われるにふさわしい出来。【バンド・オン・ザ・ラン】のタイトル・ソングにも似た数曲の断片を編集して一曲に仕上げるポールお得意のパターン。

『レッティング・ゴー/ワインカラーの少女』はポールにしてはブルージーなメロディを持つ曲だし、ジミー・マカロックが歌う『メディスン・ジャー』やノスタルジックな『ユー・ゲイヴ・ミー・ジ・アンサー』、ポールの王道メロディを持つ『リッスン・トゥ・ホワット・ザ・マン・セイド』やメランコリックでフォーキーな『ラブ・イン・ソング』・・・ビートルズ中期を思わせる『マグネットとチタン男』とかデニー・レインをフィーチャーした『スピリット・オブ・アンシエント・エジプト』。
R&B感覚の『コール・ミー・バック・アゲイン』。
実に多彩な曲が納められているが、バンドらしい雰囲気を醸し出していて、本当にポールはバンドが好きなのだということが伝わってくる。

この後【スピード・オブ・サウンド】や【ロンドン・タウン】は作れたものの、結果的にデニー・レインを除いて彼の側近はいなくなってしまい、一時的にウィングスを新メンバーを補充して継続するものの、結局ウィングス自体は消滅してしまう。

次にポールが創作上でもライヴでも活躍するのは【フラワーズ・イン・ザ・ダート】まで待たねばならなくなる。そしてそのアルバムには前記事のコステロが参加している。※この当時結成したバックバンドはウイングス以来最高のメンツだったし素晴らしかったと思う。
コステロ曰く「ポールにはクソな曲はクソだといってやる人間が必要なんだよ。」名言!!










ヴィーナス・アンド・マース(紙ジャケット仕様)
EMIミュージック・ジャパン
1999-10-27
ウイングス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヴィーナス・アンド・マース(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



バンド・オン・ザ・ラン・スペシャル・リミテッド・ボックス
EMIミュージック・ジャパン
1999-04-09
ポール・マッカートニー&ウイングス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バンド・オン・ザ・ラン・スペシャル・リミテッド・ボックス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ウイングス・グレイテスト・ヒッツ
EMIミュージック・ジャパン
1995-11-08
ウイングス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウイングス・グレイテスト・ヒッツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スピード・オブ・サウンド
EMIミュージック・ジャパン
1995-11-08
ウイングス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スピード・オブ・サウンド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ロンドン・タウン
EMIミュージック・ジャパン
1995-11-08
ウイングス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロンドン・タウン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Wings Over America
EMI Import
1998-06-30
Paul McCartney

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Wings Over America の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

megumick
2012年02月13日 15:48
ロックさん、こんにちは!
実は人生最初にはまったのがウイングスでした。(ストーンズに出会うまでだけど)
もちろん全部レコード持ってるし、リアルタイムで聴いて、すごいファンでした。
初めてのウイングスのライブチケットを塾の模擬テストサボって並んで、そこで大学生のお兄さんにナンパされて2年ほどお付き合いして・・・(笑)
そしたら大麻でつかまって中止になって、ショックで学校サボって・・・
ま、サボってばっかりでしたけど(笑)

とにかくウイングス好きだったって話です。

ポールは今でも現役で大活躍、先週も新曲出したんだっけ。大したもんです。

誰がけなそうと私はポールは天才だと思う!

このアルバムとっても懐かしいです
2012年02月13日 16:37
おいおい、ウイングスよりもそのナンパの方が気になるぜっ!!!(笑)
ポールに関しては何かとジョンのファンにぼろくそにいわれてるけど、俺は比べるのは無意味だと思っていてどちらも大好き!!だから、これからも取り上げるつもり・・・。

この記事へのトラックバック