マディ・ウォーターズ/ザ・ローリング・ストーンズ【チェッカーズボード・ラウンジ1981】

1981年、シカゴ・チェッカーズボード・ラウンジでのマディ・ウォーターズのライヴ。これはストーンズ・アーカイヴがらみの映像だけど、主役はマディ・・・ストーンズからはミック、キース、ロニーそしてスチュ(イアン・スチュワート)がゲスト参加。だから、ストーンズメインの演奏を期待してこれを入手した人は肩すかしを食らったかも・・・。
※DVD+2CDの仕様の奴をゲット。
俺自身はこの映像の一部をかつてストーンズの歴史をドキュメントしたLD(レーザー・ディスク)の〔25×5〕で見ていたが、全貌を知るのは今回が初めて・・・。

前記事で〔ストーンズのDVD〕をこれから見るよって書いたけど、正しくなかったな。あくまでミックをはじめストーンズのメンバーはゲスト。他にもバディ・ガイ(バディはこのチェッカーズボードのオーナー)、ジュニア・ウェルズ、レフティ・ディズなどがゲスト参加。ストーンズの連中もあくまで〔マディのライヴ〕にゲスト参加した様子をとらえた映像作品ととらえるのが正しい。

マディ、バディ、ジュニア・ウェルズなど本物のブルース・メンとストーンズのメンバー(もちろんスチュも)の共演は解説の寺田正典さんの書いているとおり、〔ファーザーズ&サンズ〕の趣。
 ミック、キース、ロニーの嬉しそうに演奏する表情を見るのは実に楽しい。スチュも張り切ってピアノを弾いている。

映像はマディ・バンドの『スウィート・エンジェル』でスタート。※実際はその前に『ユア・ゴナ・ミス・ミー、ホウェン・アイム・ゴーン』が演奏されているが、それはボーナス映像に回されている。
続いてブルース・ブラザーズでも有名な『フリップ・フロップ・アンド・フライ』。オリジナルはジョー・ターナー。
軽快に飛ばすマディ・バンドの上手いこと!!

バンドのイントロダクションに導かれて御大マディがなんと最前列から登場。※このラウンジ、すんごく狭いのよ(汗!!)。赤いテレキャスターを膝に乗せ『ユー・ドント・ハフ・トゥ・ゴー』を歌い始めるマディ。
貫禄が違う!!
『カントリー・ボーイ』マディのスライド・ギターが炸裂!! これは本当にすごい!!
続いてロック・ファンにもおなじみの『ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー』演奏中にストーンズ一行が登場。座席に着くのに出演者の前を通らないと座れないという・・・(笑)。失礼な話だが、本当に狭いのよ、ここ・・・。まあそれだけステージに近いんだけども・・・。
 演奏には加わらない(加われない)けれども、イアン・マック・マクレガンやボビー・キーズ、アーニー・ワッツ(チャーリーじゃないよ・・・サックス奏者)の顔も見られる。
『ベイビー・・・』の演奏中後半ににマディがミックから順にキース、ロニーをステージに呼んで演奏に加わる。
キース、ロニー供に咥えたばこで狭い通路は通らずテーブルの上を歩いてステージに上がる。これがかっこいいのだ。曲の最後にがっちり握手するマディ、キース、ミック、ロニー・・・。
さて、次の曲マディの代名詞『フーチー・クーチーマン』から本格的にマディとストーンズ組のセッションが始まる。
前曲ではまだ、充分暖まっていなかった感じもあったが、ストーンズも演奏しなれている曲だから、ここからエンジン全開!!
 マディも心から楽しんでいる様子が伝わってくる。ギター4本だとあんまりだと思ったのか、御大マディはギターをおいてボーカルに専念。ミックに時々歌わせて合いの手を入れる。
キース、ロニーとマディ・バンドのジョン・プライマーのギター・アンサンブル。※ジョン・プライマー、この人もギター相当上手い。ブルース・ハープはジョージ・モジョ・ビュフォードという人。
『ロング・ディスタンス・コール』『マニッシュ・ボーイ』・・・とおなじみのマディのヒット・ナンバーが続く。
ストーンズの3人もここでは全くリラックスして演奏。ストーンズの〔ラブ・ユー・ライヴのエル・モカンボ・サイド〕を想起させるキースとロニーのプレイ。ミックも張り切っている。

 次の『ガット・マイ・モジョ・ワーキン』ではいったんマディとミックは、はけて・・・バディ・ガイとジュニア・ウェルズが登場。ジュニア・ウェルズがいるのでビュフォード(ブルース・ハープ)もステージを降りた。※ピアノもスチュに交代。マディのレパートリーの中でも断トツにアップテンポでノリノリのナンバー。
ジュニア・ウェルズ、この人も押しが強い個性の持ち主。完全に自分の世界に持って行ってしまう。

 続いてバディがメインの『ネクスト・タイム・ユー・シー・ミー』。『マニッシュ・ボーイ』の途中で手ぶらで出てきたバディにロニーが自分のギターを貸す。※ロニーはリック・クレハーの使っていたレッド・フィニッシュのストラトを使わせてもらう。しかし、こういう心配りの出来るロニー。いい奴や!!
借りたギターでもバディが弾くととたんにバディ・サウンドになってしまう。強烈な個性だ。そしてボーカルも迫力満点。この曲中、バディとキースのギター・バトルは全編の中でもハイライト・シーンだと思う。後半はロニーも巻き込んでまたまたバトルを展開。バディ・ガイは実にショーマン・シップの塊のようなアーティストなのだ。
 やたら自分だけが目立とうとするジュニア・ウェルズとは器の大きさが違う・・・と俺は思う。ジュニア・ウェルズも好きだけどね。こういうセッションって、人柄が出るんだよね。
何シーンかにパンピン・ピアノをきめるスチュが見られるのが嬉しい。
 曲の途中でレフティ・ディズがバディ・ガイと交代。この人は60年代からジュニア・ウェルズと行動を共にしてきたギタリストなのだそうだ。名前の通り左利きでアルバート・キングと同じく右利き用のギターをそのままひっくり返して使っている。
 あまりにも熱演したために途中でストラップが外れてしまう。キース、ロニー、ジョン・プライマーを巻き込んでのギター・バトル。これまたスリリングの一言。
『ワン・アイド・ウーマン』これもレフティを中心としてノリノリの演奏。
短く『ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー』のインスト・ヴァージョンでマディをもう一度ステージにあげて『クラウズ・イン・マイ・ハート』がスタート。
もう、完全にキース、ロニー、スチュはマディ・バンドにとけ込んでいる。御大マディも実に気持ちよさそうに歌っている。理想的な〔ファーザーズ&サンズ〕の共演。そしてジョン・プライマーのソロの渋いこと!!

『シャンペン・オア・リーファー』では途中から再びミックも呼び戻され、満面の笑みを浮かべてステージヘ。
こういうセッションものを見る度思うのだが、やはり、セッションで一番楽しめるのは楽器奏者だということだ。
だって、ミックほとんど暇そうだもんね。ブルース・ハープも持ってきてないし・・・。
それに対してキース、ロニー(それにスチュ)は十分に楽しんだと思う。勉強にもなっただろうし・・・。
 普段なかなか一緒にやれない連中とセッションすることはプレイヤーにとっては本当に勉強になるのだ。
自分自身の力量を知ることにもなるし・・・。
てな訳で、ラストはインスト・ナンバーでクレジット・ロールになるわけだが、出来ればこれも最後まで映像を収録して欲しかったな。

続けて2回通して見たけど、まだまだ発見がありそうだ。久々に俺もギター弾きたくなったぜ。あとで勝手にコレ(DVD)とセッションしようかなッと。
あと、音源のCD二枚には映像版に納められていない『アイム・キング・ビー』『トラブル・ノー・モア』『カウンティ・ジェイル』なども入っているのであとで聴こうと思う。
CDのみの感想もそのうちアップしよう。
いやぁ当分楽しめそうだ!!
ストーンズのロケンロールを期待した人には物足りないだろうが、それはブルースを聞き慣れない所為だと思う。そういう人はもっとブルース勉強しなさい!!
そうすれば、よりストーンズの魅力を深く知ることになると思う。また、このDVDがブルースの深淵を覗くきっかけになれば最高だと思うよ。








ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ +8
ユニバーサル インターナショナル
2001-08-22
マディ・ウォーターズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ +8 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



At Newport 1960
Chess
2001-02-27
Muddy Waters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by At Newport 1960 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



His Best 1947-55 (Chess 50th Anniversary Collectio)
Chess
1997-03-25
Muddy Waters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by His Best 1947-55 (Chess 50th Anniversary Collectio) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年07月07日 17:01
マディのほかにバディ・ガイにジュニア・ウェルズ、これはもう買うっきゃないっすね~!いやもう、飲めないお酒飲んで盛り上がりたくなってしまいました\(^o^)/
キースの楽しそうな姿が目に浮かぶようです。
こういうセッションはブルースならではの醍醐味がありますよね!
2012年07月07日 17:11
らいあさん、どうもです!!いいですよ、これ!!なんか近所の狭いライヴハウスでやってくれてるみたいな雰囲気。ミック、キース、ロニーもまだ若い、若い・・・。

この記事へのトラックバック