パンク・パブロック列伝〔スウィーツ・フロム・ア・ストレンジャー〕スクイーズ

 パンク・ニューウェイヴ界のレノン・マッカートニーと呼ばれるグレン・ティルブロックとクリス・ディフォードという二人の優秀なメロディ・メイカーを配するスクイーズ。ひとつ前のXTCと圧倒的に違うところはそこはかとなくR&Bからの影響が感じられるところだろう。

確かにデビュー時はパンク・ブームを利用したかもしれないが、こちらは正統派のブリティッシュ・ポップという感じがする。
82年リリースの【スウィーツ・フロム・ア・ストレンジャー/甘い誘惑】。通算6枚目。
 1曲目の『アウト・オブ・タッチ』はいかにも80年代風のピコピコサウンドだけど、根底にあるのはやはりブラック・ミュージックだ。
2曲目の『アイ・キャント・ホールド・オン』なんて実にソウルフルでホワイト・ソウルと言っても良いくらい。
『ポイント・オブ・ビュー』のメランコリックでスウィートな味わいも良い。
『ストレンジャー・ザン・ザ・ストレンジャー・オン・ザ・シウォア』の一見風変わりなメロディが魅力。
『オン・トゥ・ザ・ダンス・フロア』・・・これも結構ひねくれているけど、しっかりポップでキャッチーなナンバー。
『ホウェン・ザ・ハングオーバー・ストライクス』・・・2日酔いをテーマにした曲らしいけど、ほんの少しジャージーでけだるい感じのメロディが何ともブリティッシュ。
『ブラック・コーヒー・イン・ベッド』これはイントロからもうカッコイイの一言。ハモンドのいかしたグルーヴ感が良い。コステロとポール・ヤングがゲスト・ボーカルで参加。
『アイヴ・リターンド』・・・コステロ+スプリングスティーンてな感じのナンバー。良いね。はつらつとしたリズムと極上のメロデイ。
『タン・ライク・ア・ナイフ』・・・なにやら訳ありの女のストーリー。
『ビズ・ハウス・ハー・ホーム』・・・これも地味ながら、ブリティッシュ・ポップらしい仕上がり。
『ザ・ベリィ・フースト・ダンス』・・・オクターブで同じメロディを歌う導入部、中間部のひねくれたメロディ。
『ザ・エレファント・ライド』・・・これも完成度の高いポップチューン。
これでジャケットがもう少しいかしていたらもっとよかったのに・・・残念!
さて、非常によく練られた好アルバムだったが、やりきった感があったのか、メンバー同士の確執があったのかは知らないが、スクイーズはこのアルバムでいったん解散・・・。








Sweets From a Stranger
Universal I.S.
2008-03-11
Squeeze

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sweets From a Stranger の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Cool for Cats
Polygram UK
1998-02-06
Squeeze

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Cool for Cats の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Argybargy (Dlx)
A&M
2010-04-06
Squeeze

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Argybargy (Dlx) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スクイーズ(紙ジャケット仕様)
ストレンジ・デイズ・レコード
2007-04-25
スクイーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スクイーズ(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



East Side Story
Polygram UK
2004-01-06
Squeeze

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by East Side Story の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年08月13日 21:45
ご無沙汰しています。
パンクやニューウェーブ系は、少し苦手な分野なので中々コメントをし難いのですけれど。
バンド名は、聞いた事がある程度です。
苦手な分野でも、一度は聴いてみるべきですね。

それと、またかと思われるでしょうけど。
今日から、ブログの再開をしました。
よければ、また覗いてみて下さい
2012年08月14日 00:26
tone toneさん、ブログ復帰おめでとうございます。何度でも不死鳥のように帰ってきてくれるのがなによりも嬉しいです。今後もまた以前同様よろしくお願いします!!

この記事へのトラックバック