[ロック黄金期1974編]ロキシー&エルスウェア/フランク・ザッパ

 全くこの人の音楽はレヴュワー泣かせというか・・・音楽の中身は大好きなんだけど・・・ロック、R&B、ドゥーワップ、ジャズ・・・挙げ句の果ては現代音楽まで・・・彼の音楽性は実に幅広い・・・。
今ひとつ、これだぁという形容が出来ない。[形容できない素晴らしさ]・・・これだな。そうこういう表現でどうかな?

[マザーズ]を率いたライヴでは、こうしたさまざまな音楽を融合したものに、さらにザッパやメンバーの軽妙なおしゃべりが乗っかってシアトリカルな世界が広がる。※ジャケットで見る限りセクシーなおねぇちゃん達もステージに参加してる。

しかし、構成の複雑な楽曲とスキルの高い演奏は、ある意味プログレだよね。トッドと並んでアメリカ人らしいプログレ・サウンドといっても良いかもしれない。

この当時のマザーズのメンバーはサッパ(ギター、ボーカル)、ナポレオン・マーフィー・ブロック(テナー・サックス、リードボーカル)、ルース・アンダーウッド(パーカッション)、チェスター・トンプソン(ドラムス)、トム・ファウラー(ベース)、ブルース・ファウラー(トロンボーン)。そして後にジャズ・フュージョン界で大活躍するジョージ・デューク(キーボード)。

このライヴアルバムの特徴としてはザッパのワウを多用したギター・プレイとジョージ・デュークのファンキーなキーボードが目立つことかな。
もちろん、他のメンバーのプレイも超絶!! ただ、やっぱおしゃべりが多いんだよね。英語をしっかりと理解出来ない俺らにとっては、ちょっとキツイかな。

たまたま詳しい対訳がついているので、ある程度は理解出来るけど・・・。とにかくザッパが本国アメリカでいかに支持されていたかをかいま見られるライヴ・アルバム。
何度も言うけど音楽そのものは素晴らしいです・・・。








Roxy & Elsewhere
Zappa Records
2012-08-28
Frank Zappa

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Roxy & Elsewhere の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Hot Rats
Zappa Records
2009-11-17
Frank Zappa

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Hot Rats の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Sheik Yerbouti
Zappa Records
2012-08-28
Frank Zappa

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sheik Yerbouti の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Zappa in New York
Zappa Records
2012-08-28
Frank Zappa

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Zappa in New York の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Joe's Garage Acts I II & III
Zappa Records
2012-09-25
Frank Zappa

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Joe's Garage Acts I II & III の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



One Size Fits All
Zappa Records
2012-08-28
Frank Zappa

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by One Size Fits All の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Freak Out!
Zappa Records
2012-07-31
Frank Zappa

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Freak Out! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年02月10日 16:33
とにかくアルバムの多いザッパなのでまだまだ全ては集められていません。70年代中期のアルバムは割に持っていますが本作は抜け落ちていました。ファンキーな演奏でひと味違いそうですね。いつの日か全オリジナル・アルバム制覇と考えています。でも現代音楽系は必要ないかな。
2013年02月10日 17:27
ほんとにザッパの作品多いですよね。まあ、その中で自分のテイストに合ったものだけ入手すればいいのですが、それさえも数が多くてなかなかままならないというか・・・、意外な作品がまたよかったりして・・・コレクター泣かせな存在です。

この記事へのトラックバック