[ロック黄金期1974編]地底探検/リック・ウェイクマン

 さてプログレといっても、こちらの方がザッパよりはずっとわかりやすいサウンドだよね。
テーマがSF的だということと、ロンドン・シンフォニー・オーケストラとの共演ということで、より下世話な意味で[プログレの様式美]みたいなものがにじみ出しているからかも・・・。

参加メンバーはリック・ウェイクマン[各種キーボード、シンセ]、マイク・イーガン(ギター)、ゲイリー・ピッグフォード・ホプキンス(ボーカル・・・元ベケットのボーカリスト・・・時々ロッドのそっくりさんになる)、ゲイリー・ホルト(ボーカル)、ビル・オディ(ボーカル)、バーニー・ジェイムズ(ドラムス)、ロジャー・ニューエル(ベース)。
それにロンドン・シンフォニー・オーケストラ、イングリッシュ・チェンバー・クワイアとアース・リーチ・クワイア(合唱団)。

クラシックと中世音楽のエキス、それにロックを融合・・・イエスの延長線上というよりは、舞台音楽に近い感覚・・・スケールの大きさは別な見方をすると大げさで冗長になりがちなのだが、ぎりぎりの線で踏みとどまっている感じ。

これがあと四年後にパンクが出てきた頃には「あんなのロックじゃねぇ!!」なんてこうしたプログレが一斉に標的にされたのも、頷けないわけではない。ただ、今日の耳で冷静に聞いてみると、そんなに批判されるほどつまらなくもないよ。
実に格調高いブリティッシュらしい作品であったかなと・・・。語り入りのストーリー展開も含めて・・・。
※おっ、これもA&Mの作品だったな。







Journey to the Center of the Earth
A&M
1988-03-01
Rick Wakeman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Journey to the Center of the Earth の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Myths & Legends Of King Arthur & The Knights Of The Round Table
Fontana a&M
1988-02-02
Rick Wakeman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Myths & Legends Of King Arthur & The Knights Of The Round Table の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Six Wives of Henry VIII
Fontana a&M
1987-01-01
Rick Wakeman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Six Wives of Henry VIII の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック