ストーンズを取り巻くサムライたち【夢みる人】ニッキー・ホプキンス

 ジェフ・ベック、ストーンズ、キンクス、ザ・フー、ジョージ・ハリスン、ジョン・レノンなど多くのビッグネーム達のバッキングで華麗なキーボード・ワークを提供。一流のセッション・ピアニストとして60年代、70年代に活躍。その頃のロック名盤のクレジットを見ると、決まってニッキー・ホプキンスの名前を発見することができる。
 個人的にはジョン・レノンの『イマジン』とストーンズの『アンジー』でのリリカルなピアノが印象深い。
そんなニッキーの73年のソロ・アルバム。クラシカルでリリカルなプレイと、ブギウギ全開のグルーヴの両方をこなせるのは、キーボード奏者として本当に得なことだと思う。
 格調高いクラシカルな響きを持つ小品『サンダウン・イン・メキシコ』。牧歌的な『ウェイティング・フォー・ザ・バンド』、グルーヴィーなインスト『エドワード』、リリカルなバラード『ドリー』、スワンプ色全開の『スピード・オン』。
タイトル・ソングの『ザ・ドリーマー』の静かなたたずまい・・・。
ご機嫌なブギ『バナナ・アンナ』。『ロウヤーズ・ラメント』の哀愁。
『シャウト・イット・アウト』のフェイセスやストーンズの世界に繋がるいなたい感じ。
『ピッグス・ブギ』・・・これは完全なロッキン・ブギ・・・ストーンズもフェイセズもザ・フーもジョージもこのピアノ・プレイにやられた。
 なお、このアルバムにはジョージ・ハリスン(ジョージ・オハラと表記)、ボビー・キーズ、ミック・テイラー、ジェリー・ウィリアムス、ジム・プライス、ジム・ホーン、クラウス・ブーアマン、レイ・クーパー、などジョージ周辺、ストーンズ周辺の連中が大挙して参加。ドラムのプレイリー・プリンスって変名っぽいな。誰だっけ? 

ニッキーは多くのセッション、ストーンズのツアーなどの他に、60年代後半ウエストコーストのバンド、クイック・シルヴァー・メッセンジャー・サービスにも参加。そのことについては後ほど・・・。









 
夢見る人
ソニー・ミュージックレコーズ
1997-04-21
ニッキー・ホプキンス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夢見る人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Imagine
CAPITOL
2000-01-20
John Lennon

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Imagine の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



All Things Must Pass (30th Anniversary Edt)
Capitol
2000-10-24
George Harrison

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by All Things Must Pass (30th Anniversary Edt) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Let It Bleed
Abkco
2002-08-27
Rolling Stones

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Let It Bleed の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック