ピンク・フロイド【モア・サウンド・トラック】69年

 初期のリーダー、シド・バレットを失ったフロイドはシドから受け継いだ方法論を生かしながらも独自の路線を模索していた。
 69年リリースの映画【モア】のサウンド・トラック。さすがにオリジナル・アルバムに比べれば完成度は低いかもしれないが、どうしてどうして、ロジャー・ウォーターズを中心として幻想的な世界を作り上げている。
 ドリーミーなサイケ・チューン『サーラス・マイナー』とハードなロック・ナンバー『ナイル・ソング』の間には、同じウォータース作品とは思えないほど、イメージの隔たりがあるが、そこが逆に面白い。
『クライング・ソング』・・・リチャード・ライトのドリーミーなキーボード。ドラッギーな感覚のボーカル・・・。良いね。
『アッブ・ザ・キーバー』・・・ニック・メイスンとライトのジャムっぽい仕上がりの1曲。アヴァンギャルド・ジャズの趣。
『グリーン・イズ・ザ・カラー』・・・ウォータース得意のフォーク路線。
『シンバリン』・・・これもエコーをかけまくったボーカルとシンプルな演奏による幻想的な作品。
『パーティ・シークエンス』・・・四人の共作によるパーカッシブなジャム。
『メイン・テーマ』・・・サイケからプログレに向かう予兆というか、この段階ですでに四人の向かう方向性はほぼできあがっていたのでは?
『イビサ・バー』・・・これも『ナイル・ソング』の路線に近いヘヴィなロック。正にユニットというよりもバンドという感じだよね。
『モア・ブルース』・・・四人の共作だが、デビッド・ギルモアをフィーチャーしたブルース・ロック。
『クイック・シルバー』・・・ピンク・フロイドは決して演奏のスキルで勝負するタイプのバンドではない。SEも含めていかにトリップ状態に近いサウンドを構築するかというのが、フロイドのフロイドたる所以・・・。
『スパニッシュ・ピース』・・・ギルモア単独作・・・アコギによる文字通りスパニッシュな1曲。
『ドラマチック・テーマ』・・・俺にはこの曲も強烈にドラッギーな感じを受けてしまう。
ということで、決してフロイドを代表する作品ではないものの、こういうのを聴いてから【狂気】【炎】【原子心母】【おせっかい】などの名作を聴いてみるとフロイドの本当のすごさがわかるような気がする。










More
Parlophone (Wea)
2011-09-26
Pink Floyd

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by More の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Piper at the Gates of Dawn
Parlophone (Wea)
2011-09-26
Pink Floyd

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Piper at the Gates of Dawn の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Meddle
Wea/Parlophone
2011-09-26
Pink Floyd

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Meddle の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Atom Heart Mother
Parlophone (Wea)
2011-09-26
Pink Floyd

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Atom Heart Mother の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Dark Side of the Moon
Wea/Parlophone
2011-09-26
Pink Floyd

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Dark Side of the Moon の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Wish You Were Here
Wea/Parlophone
2011-09-26
Pink Floyd

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Wish You Were Here の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック