ゴーストライター騒動?【ゴーストライター】ガーランド・ジェフリーズ

 「ヤ~ブラ、コーヂ、ブラコーヂ、パイポ、パイポ、パイポのシューリンガン♪ えっなんすか? あっし、S村G内ってちんけな野郎でござんすぅ。こうみえて、作曲ができるんです。曲のイメージを詳細な設計図に書いて、それを基に人に頼んで、曲に仕上げるという才能ですな。えっ、なに、そういうのゴーストライターってんですかい?」

てことで、変な記者会見見ちゃったよ。「ミヤネ屋」で・・・。どう考えても、あのしゃべり方は、耳聞こえない人のしゃべり方じゃないよね。
 さて、枕はこの辺にして・・・。
ガーランド・ジェフリーズ、ニューヨークを代表するロッカーの一人。プエルトリコと黒人と白人の血が混じっている。
 その所為なのか、R&B、カリビアン、ロケンロールをブレンドした味わい深いストリート・ロックを作り上げる。
77年リリースのファースト・アルバム【ゴーストライター】・・・『ラフ・アンド・レディ』でスタート。全盛期のストーンズに通じるいかしたロケンロール。
『アイ・メイ・ナット・ビー・ユア・カインド』・・・本格的なレゲエ。やはり黒人の血が入ってると、グルーヴそのものが違うような・・・。
『ニューヨーク・スカイライン』・・・サウンドのスタイルは、ほんのりとサザン・ソウル的な感じもあるのだが、やはりニューヨークの住人らしいクールさが同居している。
『クール・ダウン・ボーイ』・・・溌溂とした明るいポップさのあるナンバー。いかす。
『ゴーストライター』・・・腰の据わったレゲエ・ナンバー。生前のボブ・マーリーと交流があったらしく、ブックレットに二人で並んで写っている写真が・・・。
『リフト・ミー・アップ』・・・力強いミディアム・ロック。これもそこはかとなくR&B色を感じさせる。
『ホワイ・オー』・・・これもまったりとしたレゲエ・ビートが心地よい。
『ワイルド・イン・ザ・ストリート』・・・この曲だけ73年にすでにレコーディングされた物らしい。ちょっと初期のスプリングスティーンに近い感覚。かっこいい。
『35ミリメーター・ドリームス』・・・これもストーンズっぽくていいな。
『スパニッシュ・タウン』・。・・タイトル通りラテンの香りのするマイナー・チューン。
 てことで、最後に、プロデュースに関わったのはデビッド・スピノザ(ニューヨークを代表するセッション・ギタリスト)とジェフリーズ本人。アレンジには、これまたスピノザとアラン・フリードマン、そしてジェフリーズ。
 レコーディング・メンバーはジェフリーズ(ボーカル、アコギ)、アラン・フリードマン(ギター)、ヒュー・マクラッケン(エレキ、アコギ)、ドン・グロルニック(キーボード)、デビッド・スピノザ(ギター)、アンソニー・ジャクソン(ベース)、スティーヴ・ガッド(ドラムス)、マイケル・ブレッカー(テナー・サックス)・・・。
ちなみに俺の入手したCDは、なんと【ゴーストライター】【片目のジャック】【アメリカン・ボーイ&ガール】という三枚のアルバムを2CDに納めた変則的な商品・・・。まあ、安かったからいいけど【片目のジャック】はCD二枚にまたがっているのでなんか違和感あり・・・。それ以外は全く不満なし!!
 
てことでタイトルは【ゴーストライター】だけど全曲、すべてジェフリーズ本人が書いた物です。たぶん? えっ??
よく聞こえません!!










Ghost Writer/One-Eyed Jack/American
Raven [Australia]
2011-05-03
Garland Jeffreys

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Ghost Writer/One-Eyed Jack/American の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



エスケイプ・アーティスト
ミュージック・シーン
2007-12-20
ガーランド・ジェフリーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エスケイプ・アーティスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Don't Call Me Buckwheat

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Don't Call Me Buckwheat の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Truth Serum
Luna Park Records
2013-09-17
Garland Jeffreys

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Truth Serum の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年03月07日 22:27
えっ、今こんなCDで出てるんですか?自分は多分日本初CD化した際に買いました。確かに都会の夜のイメージが強いアルバムですよね…ジャケの影響もあるかも知れないですが。「ニューヨーク・スカイライン」と「リフト・ミー・アップ」が大のお気に入りです。
2014年03月07日 23:10
輸入盤ですが、気にならなければお買い得だと思いますよ!

この記事へのトラックバック