レニー・クラヴィッツ【バプティズム】2004

 この人も90年代からずっと好きな一人・・・。赤いペンキ???の湯船につかるレニーとフライングV・・・。
う~ン、何を表しているのか?
まあ、それはともかくとして、白人の立場からジャンルを逸脱して黒っぽいサウンドを取り入れたのがレッチリだとすると、レニーは黒人というステイタスにあえて白人のロックを重ね合わせた。
 もちろん、それまでもジミやスライやプリンスがそういうことやってたし、リヴィング・カラーやバッド・ブレインズもいたけど、ここまで白黒関係なく人気が出たのはプリンス以来だよね。
 そう、彼は黒人だけどR&Bアーティストではなくロッカーだというのが俺の見解・・・。
オープニングからその姿勢は正しく現れる『ミニスター・オブ・ロックン・ロール』『アイ・ドント・ウォント・ビー・ア・スター』。
『レイディ』のコンパクトでシンプル、しかもキャッチーなロックサウンド。いかす!!
『コーリング・オール・エンジェルズ』・・・ブラック・ミュージックとロックの両方に慣れ親しんだレニーだからこそかけるバラード。
『カリフォルニア』・・・こっちはさらにキャッチーなロケンロール!! 手拍子とコーラスも楽しい。
『シスタママラヴァー』・・・スライ直系の重量級ファンク・・・しびれる!!
『ホウェア・アー・ウイ・ランニン?』・・・こいつはファースト・シングルにカットされたご機嫌なロケンロール。素晴らしい。「ウィ・ウィ・ウー♪」ってコーラスも良い。
『バプタイズド』・・・これなんか聴くと白人のシンガーソングライターみたいだよね。こういうところも魅力。
『フラッシュ』・・・レニー版のストーンズ・ロール。悪いわけがない!!
『ホワット・ディッド・アイ・ドゥ・ウィズ・マイ・ライフ』・・・マイケルなんかが歌うとはまりそう・・・。
『ストーム』・・・プリンスなんかが作ったパターンだな。
『ジ・アザー・サイド』・・・ストリングスの入れ方がビートリッシュ・・・。
『デスティニー』・・・アコギで奏でられるファルセットが美しい小品。
日本盤ボートラは、エキゾチックな『アンチャーテッド・トレイン』。まあ、これはなくても良い・・・『デスティニー』でしっとりと終わるのが正しいでしょ。








Baptism
Virgin
2004-04-16
Lenny Kravitz

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Baptism の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Black & White America
Imports
2011-08-29
Lenny Kravitz

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Black & White America の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



It Is Time for a Love Revolution
EMI Europe Generic
2007-12-21
Lenny Kravitz

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by It Is Time for a Love Revolution の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



5
Virgin Records Us
1998-05-11
Lenny Kravitz

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 5 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



LENNY
EMIミュージック・ジャパン
2008-06-11
レニー・クラヴィッツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LENNY の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2014年05月21日 21:57
コレしばらく聴いてなかったので今引っ張り出して聴いてます。「カリフォルニア」カッコ良いなぁ〜♪添付画像見たら持ってないヤツまだあった…リストに入れておきます…
2014年05月21日 22:06
他のアルバムに比べると若干地味な感じですが、結構良いですよね。

この記事へのトラックバック