オールタイム・ベスト名盤200[51~100]64【ブロウ・バイ・ブロウ】ジェフ・ベック

 ロッド・スチュワート、ロン・ウッドと共にハードロックの先鞭をつけた第1期ジェフ・ベック・グループ、ファンキーな路線とインスト路線の試行に取り組んだ第2期ベック・グループ、そしてタイミングを逸したB.B&Aを経て、ジェフ・ベックは新たな路線を模索する。
 そのお手本になったのはジョン・マクラフリンのマハヴィシュヌ・オーケストラとビリー・コブハムの【スペクトラム】のセッション。
 この時点で、ベックはボーカリストをたてた従来の路線をやめて、インストルメンタルのみのロックに照準を定めた。
 75年、ジミー・ペイジ曰く「あらゆるギタリストの教科書になりうるアルバム」・・・【ブロウ・バイ・ブロウ】がリリースされる。
 折からのクロスオーバー・ブームということもあってロック・フィールドからのジャズ・フュージョンへの接近などといわれたが、要するにボーカルが得意でないベックにとって、究極の選択が、すべてギターに歌わせてしまおうという計画・・・。
 時にボイス・モジュレーターも使い、ボーカル・パートを文字通りギターで肩代わりしてしまう。ベックのギターにはだから、ボーカリストの歌に込める情感と同じものがすべて込められている。『シーズ・ア・ウーマン』、『哀しみの恋人たち』『セロニアス』・・・。
 レスポール・オックス・ブラッド、ストラト・キャスター、テレギブ(テレキャスターにハムバッキング2発)などを駆使してロック・インストの最高峰となるアルバムを生み出した。
 第2期ベック・グループで取り組んだファンキーな路線をより拡大、深化させたサウンド。そして、変幻自在なベックのギター。マックス・ミドルトン、フィル・チェイン、リチャード・ベイリーというタイトでグルーヴィーなバッキング。そして、かねてから、信奉していたジョージ・マーティンをプロデューサーに迎えたことで、ようやくセールス的にもベックにとって満足のいく結果をもたらしたのもこのアルバムだ。
 次作の【ワイアード】は、このアルバムの応用編という感じ。【ライヴ・ワイアー】ではヤン・ハマー・グループと共にライヴでもこの方法論が有効であることを証明!!※もっとも【ライヴ・ワイアー】には2曲ボーカル・ナンバーもあるが・・・。
 以後は現在に至るまで基本的には同路線を取って、ロック・フィールドにおけるインスト路線を確立。
ベックより上手いギタリストはいくらでもいるが、このくらいギターを歌わせるギタリストはなかなかいない。








ブロウ・バイ・ブロウ
エピックレコードジャパン
2001-05-09
ジェフ・ベック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブロウ・バイ・ブロウ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Blow By Blow / Wired
Sony Bmg Europe
2007-09-18
Jeff Beck

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Blow By Blow / Wired の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブロウ・バイ・ブロウ(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】
Sony Music Direct
2012-01-23
ジェフ・ベック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブロウ・バイ・ブロウ(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Live With the Jan Hammer Group
Sbme Special Mkts.
2008-02-01
Jeff Beck

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live With the Jan Hammer Group の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2014年07月08日 00:34
「分かってくれるかい」がmonoマガジンとタイアップしたコンピに収められていたのを聴いてこのアルバムを買いました…でもベックって無性にコワい人、という印象があって中々ココから次に進めなくって。ベックのタフな面構えそのままのサウンドはスゴくカッコ良く感じてるんですが…
2014年07月08日 13:35
一見無愛想に見えるけど、4月の来日公演では終始笑顔で礼儀正しく、きさくな感じでしたよ。観客を楽しませなきゃってショーマンシップも素晴らしかった。MCはほとんどなかったですが・・・。
2014年07月09日 00:34
ども!
4月のライヴを思い出しますね♪
あのギュワーンと伸びるギター・サウンドをまた生で聴きたいな~。

この記事へのトラックバック