オールタイム・ベスト名盤200[51~100]80【デキシー・チキン】リトル・フィート

 いつ聴いてもワクワクさせてくれるのがこのアルバム。【デキシー・チキン】73年リリース。
イーグルスやドゥービーに比べると若干地味な印象だけど、正に[ミュージシャンズ・ミュージシャン]ともいうべきバンド。英米のミュージシャンでもリトル・フィートが大好きだという人が多かった。
 またリーダーであるローウェル・ジョージの信望も厚く、ウエストコーストの仲間からは精神的支柱としても尊敬を集めていた。
 ローウェル・ジョージのスライド・ギターと味のあるボーカル。ニューオリンズやカリブ海周辺のリズムを取り入れたファンキーな味わいの楽曲。通好みのリッチー・ヘイワード、サム・クレイトン、ケニー・グラッドニーのリズムセクション。
 エキゾチックで時にジャズの要素も感じさせるビル・ペインのキーボードワーク。そしてポール・バレルとローウェルのツイン・ギター・・・。
タイトル・ソングの『デキシー・チキン』のグルーヴィーな感覚。ファンキーな『トゥー・トレインズ』。エキゾチックな『オン・ユア・ウェイ・ダウン』。コミカルな『ファット・マン・イン・ザ・バスタブ』・・・。
 音楽的な多彩さは、後のアルバムの方が目立つが、ローウェルの理想とする[フィート・サウンド]はこのアルバムや【アメイジング】のあたりがピークだったと思う。

 






ディキシー・チキン(紙ジャケットCD)
ワーナーミュージック・ジャパン
2007-05-23
リトル・フィート

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ディキシー・チキン(紙ジャケットCD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アメイジング!
Warner Music Japan =music=
2008-01-23
リトル・フィート

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アメイジング! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ラスト・レコード・アルバム
Warner Music Japan =music=
2008-01-23
リトル・フィート

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラスト・レコード・アルバム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ダウン・オン・ザ・ファーム
Warner Music Japan =music=
2008-01-23
リトル・フィート

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダウン・オン・ザ・ファーム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Waiting for Columbus (Bonus CD) (Dlx)
Rhino / Wea
2002-04-15
Little Feat

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Waiting for Columbus (Bonus CD) (Dlx) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2014年07月15日 06:39
ネオン・バークによるジャケがおどろどろしくて何かイケナいものを見てるような感覚、フィートの音楽にも呼応してるような感じがします。こういう底知れなさみたいなものって身に付けようと思って出来る事じゃないですよね。
2014年07月15日 11:51
アーティストのカラーとジャケットの関係というのが、70年代は非常に深く結びついていたように思います。ローウェルがフランク・ザッパのマザーズ出身だったというのもなにやら因縁めいている気がします。フィートに関しては本当にスキルの高いバンドだったなぁと改めて感じました。

この記事へのトラックバック