オールタイム・ベスト名盤200[51~100]85【パープル・レイン】プリンス

 プリンスの最高傑作は【サイン・オブ・タイムズ】だと思うけど、よりロック色が強いプリンスというと、【パープル・レイン】ということになる。
 そう【サイン・オブ・タイムズ】はプリンスのソウル・ファンクの要素を凝縮したアルバム。
それに対して【パープル・レイン】は、ロックアーティストとしてのプリンスを全面に押し出したアルバムだろう。
※どちらもプリンスにとっては重要な要素なので二枚セットで聴くべき作品ではなかろうか?

さて、同名映画のサントラというとらえ方もできるが、厳密に言えば[ザ・タイム]の2曲『ザ・バード』と『ザ・ジャングル』が入っていないのでオリジナル・サントラではない・・・というかその2曲は[ザ・タイム]のオリジナル・アルバム【アイスクリーム・キャッスル】の方にしっかり収録された。
 俺は【パープル・レイン】と一緒に【アイスクリーム・キャッスル】もすぐ購入した。
映画も見に行ったしDVDもある。ストーリーそのものはありきたりな青春バンド物語でたいしたことないけど、やはりプリンスの演奏シーンには惹きつけられた。
 そして、プリンス以上に惹きつけられたのは実は[ザ・タイム]の演奏シーン。これが、めちゃくちゃご機嫌だった。
 モーリス・デイのいかにもいかがわしい伊達男ぶりと、メンバーとダンスの振り付けをぴったり決めるステージング。時としてプリンスを食う勢いのファンキーな音楽性・・・。
 あとで知ったことだが、実はザ・タイムというのは、モーリス・デイとプリンスの作り上げた架空のユニットだった。後にコンポーザー、プロデューサーチームとして脚光を浴びるジャム&ルイスも初期のメンバーとして在籍していたが、スタジオ・アルバムではほとんどのバックトラックをプリンスが作り上げていて、それにモーリス・デイのボーカルと、わずかにジェシ・ジョンソンのギターを重ねるくらいで、実質プリンスのサイドワークだったんだよね。
 つまり、[ザ・タイム]というのは、プリンスとモーリス・デイの作った音楽をステージで演奏するために、あとでメンバーを寄せ集めた集団だったということだ。※ちなみにプリンス、モーリス・デイそして初代のレボリューションのベーシスト、アンドレ・シモーンは幼なじみ・・・。
 【パープル・レイン】の本筋から外れてしまったように思われるかもしれないが、実はここが重要!!
映画【パープル・レイン】で使われた音楽は、[ザ・タイム]も含めてほとんどプリンス一人が生み出したものだという事実・・・。
 ロックとブラック・ミュージック・・・そしてそのどちらからもはみ出した音楽・・・それが[プリンス・ミュージック]。
【パープル・レイン】と【サイン・オブ・タイムズ】は表裏一体のもの・・・それに【アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ】のサイケな世界を足せば、ほぼプリンスの全盛期の全貌を知ることができる。あと【パレード】。
もちろん【1999】やそれ以前の【コントラヴァーシー】や【ダーティー・マインド】も必聴!!








パープル・レイン
Warner Music Japan =music=
2008-12-17
プリンス&ザ・レヴォリューション

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パープル・レイン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サイン・オブ・ザ・タイムズ
ワーナーミュージック・ジャパン
2005-05-25
プリンス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サイン・オブ・ザ・タイムズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



1999
Warner Bros / Wea
1994-10-19
Prince

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1999 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Around the World in a Day
Warner Bros / Wea
1994-08-04
Prince

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Around the World in a Day の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Prince And The Revolution/Parade: Music From The Motion Picture Under The Cherry Moon
Warner Bros / Wea
1994-08-22
Prince & The Revolution

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Prince And The Revolution/Parade: Music From The Motion Picture Under The Cherry Moon の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2014年07月17日 20:43
内容に文句のつけようも無いんですが一つだけイチャモンを言うとしたらジャケでしょうか?モチロン使われているフォトはかなりカッコ良いのですが何故両袖に花柄のラインが入っているのかなぁ?コレさえ無ければジャケのグレードが激しくアップしただろうに…コレが「ラブセクシー」にも反映された殿下センスなのかも…
2014年07月17日 21:04
プリンスのファッションのセンスってちょっと理解に苦しむことがありますね。紫のジャケットはかなり前のアルバムから登場していますね。下は黒のブリーフだけという(笑)

この記事へのトラックバック