【ヴェルヴェット・アンダー・グラウンド・ライヴ】1969

ヴェルヴェット・アンダー・グラウンドのライヴ・アルバムというと【ローデッド】の方が有名なんだけど、音質の悪さを省いて考えると、こちらの方が生々しくて好きだな。まあ、二枚組にする必要があったかどうかは別として・・・。
 『ウェイティング・フォー・マイ・メン』『リサ・セッズ』『ホワッツ・ゴーズ・オン』『スウィート・ジェーン』まるで目の前で演奏しているかのような錯覚を覚える程、シンプルで臨場感がある。
 ルー・リードの息づかいさえ感じられるライヴだ。
『ウィアー・ゴナ・ハヴ・ア・リアル・グッド・タイム・トゥギャザー』のつんのめる感じも良いし、ニコではなくルー本人の歌う『ファム・ファタール』の妖しい美しさ・・・。
『ロックン・ロール』の正に骨組みだけ残したようなサウンド・・・ニューヨークのアンダーグラウンドの帝王らしい演奏。そう、上手いとか下手とかを超越したニューヨークの生の音・・・。
『ヘロイン』・・・自由にテンポを変える不思議な演奏・・・。
 レコーディングされたのはテキサスとサンフランシスコだという。いったい観客の反応はどうだったのだろう。
ディスク2では『オーシャン』や『ペイル・ブルー・アイズ』で心の深淵を覗いてきたかのようなルー独特の世界を披露。
『サム・カインダ・ラブ』・・・ここにはルーのルーツにR&Bが確実にあることを証明。
『ホワイト・ライト・ホワイト・ヒート』・・・この緩さとグルーヴはグラムそのもの・・・。
『アイ・キャント・スタンド・イット』・・・ディランをもぶっ飛ばすロケンロール。
『アイル・ビー・ユア・ミラー』・・・タイトルだけでも文学的な香りがするよね。
 このアルバム、相当売れなかったらしいね。わかる気がする。
後のライヴ・アルバムのような加工が一切加えられていないレアな感覚・・・逆に良質なサウンドのアルバムには感じられない微妙なところが、このアルバムの存在価値になっていると思うのだが、どうだろう。
 もちろん、万人には薦められないアルバムだけど・・・。








Live 1
Island / Mercury
1988-09-01
Velvet Underground

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Live 2
Island / Mercury
1990-10-25
Velvet Underground

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live 2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Loaded
Atlantic UK
2000-03-13
Velvet Underground

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Loaded の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Live at Max's Kansas City (Dlx)
Atlantic / Wea
2004-08-02
Velvet Underground

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live at Max's Kansas City (Dlx) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック