これまた極上フォーク・ロック【Bored civilians】キース・クロス&ピーター・ロス

 まずはこの何ともいえないジャケット写真に惹かれた・・・そう、完全にジャケ買いの一枚。
ほとんど予備知識なしでゲットした。キース・クロスとピーター・ロスはいずれも[T2]というプログレ・バンドに在籍していたということ以外は全く知らなかった。
 [T2]のアルバムはかなり以前から手元にあるが、正直ほとんど聴いていない・・・。
しかし、このデュオ・アルバムは素晴らしい。
『ザ・ラスト・オーシャン・ライダー』でのギターの応酬などを聴くと確かに単なるフォーク畑の出身ではないということがわかる。
『ボアド・シビリアンズ』も確かなテクニックに支えられた音楽だということがわかるが、二人のあくまでリラックスした演奏と歌い方には、かたぐるしい雰囲気は全くない。
 
『ピース・イン・ジ・エンド』なんかはポール・マッカートニーのフォーク路線的な感覚もあって好きだな。※調べてみたらサンディ・デニーのフォザリンゲイ時代の曲だった。納得!!
『ラヴィング・ユー・テイクス・ソー・ロング』もピアノを主体としたポップな感覚と憂いを秘めたメロディがいかす。
『パステルズ』・・・ああ、これも良いな。タイトル通りのイメージ・・・。
『ザ・デッド・サルート』・・・ドブロとアコギのフィンガリング、そしてドラムの音もオーガニック・・・。
『ボ・ラドリィ』・・・アコースティック・ピアノのイントロが静寂をイメージさせるスロウ・ナンバー。
『フライ・ホーム』・・・ラストもアコギを主体とした佳曲。
 ひょっとしてこれ隠れ名盤かも?






]



BORED CIVILIANS
OCTAVE / CHERRY RED
2014-05-10
KEITH CROSS & PETER ROSS

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BORED CIVILIANS の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年07月27日 15:56
全く知らないアーティストですが,これはいいです。アコースティック・ギター主体ながら,バンドもついているサウンドは聴き応えがあります。ブリティッシュ・フォークにはまだまだ聴かなければいけないアルバムがありますね。
2014年07月27日 21:38
先月の東京での猟盤体験から、また様々なまだ聴いたことのないアーティストの音源を手に入れるのが楽しくなってきました。古いブリティッシュものからは当分離れられそうにありません。

この記事へのトラックバック