[ツァラトゥストラ組曲]ムゼオ・ローゼンバッハ

 今日はイタリアン・プログレから二枚紹介しよう。まずは73年のムゼオ・ローゼンバッハの大作。
何でもニーチェの[ツァラトゥストラはかく語りき]をモチーフにしたコンセプト・アルバム。
 難解な歌詞の内容はともかく、そのサウンドは重厚かつ繊細・・・そしてイタリアン・プログレの1つの特徴であるドラマチックで叙情的な曲調・・・。
 クリムゾンやユーライア・ヒープなどに影響を受けたようなオルガンやメロトロンを主体としたキーボード・サウンド。重くひずんだギター。そしてかなりスキルの高いドラミング・・・、。ハイトーンで表現力豊かなボーカル。
 これはもう聴いてもらうしかない・・・もちろん、体調や季節の状況によっては聴き通すのがつらい時もあるかもしれないが、少なくともこれからの季節にはあっているかも・・・。
 まあ、たまに聴くぶんには良いと思うよ。
様々な写真をコラージュしてムッソリーニの顔に似せたというジャケットも不気味だがインパクトが大きい!!








ツァラトゥストラ組曲(紙ジャケット仕様)
BMG JAPAN
2005-12-21
ムゼオ・ローゼンバッハ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ツァラトゥストラ組曲(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック