オールタイム・ベスト名盤+100【グルーヴァーズ・パラダイス】

 ダグ・サームも傑作が多いんだけど、1つ前のC.C.Rとのつながりで、74年リリースのこれを!! これは文句なしに名盤!!。
というのは、このアルバムには元C.C.Rのリズム・セクション・・・ダグ・クリフォード(ドラムス)とスチュ・クック(ベース)がそろって参加しているからだ。ちなみにダグはプロデュースも担当。
 ことマニアックになりがちなテックス・メックスサウンドをポップなL.Aスワンプに昇華させているのはダグ・クリフォードの功績かな?
オープニングの『グルーヴァーズ・パラダイス』のいかすこと!! カントリー風味だけどR&Bの要素もあり、しびれる。
鉄壁なリズムセクションにダグ・サームのいなせなボーカルとギター・・・。
『デビル・ハート』・・・ほんのりとジャジーなピアノとハモンド。ぐっとソウル色が強いナンバー。これもグルーヴィー。
『ヒューストン・チックス』・・・ムーディー・ブルースが取り上げた『ゴー・ナウ』にちょっと似たメランコリックなナンバー。
『フォー・ザ・セイク・オブ・ロックン・ロール』・・・のりのりのロケンロール。ほんのりとストーンズっぽい。
『ビューティフル・テキサス・サンシャイン』・・・文字通りのテキサス賛歌。いいね。
『ジャスト・グルーヴ・ミー』・・・C.C.Rをちょっと軽くした感じ・・・悪くない。
『ガールズ・トゥデイ』・・・トゥ・ステップのカントリー・ソング。
『La CacaHuata』・・・かなり正統派のマリアッチ・サウンド。
『ハー・ドリーム・マン・ネバー・カム』・・・南国ムード満開のバラード。
『キャッチ・ミー・イン・ザ・モーニング』・・・初期のイーグルスを彷彿とするようなカントリー・ロック。
 てことで、ダグ・サームをこれから聴いてみようという人やテックス・メックス入門者には最適のアルバムではないかな。
 ※ダグ・クリフォードとスチュ・クックはよほど相性がいいのか、この後ドン・ハリソン・バンドにもそろって参加。いい仕事を残している。








Groover's Paradise
Collector's Choice
2005-06-21
Doug Sahm

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Groover's Paradise の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Juke Box Music
Texas Music Group
1990-09-19
Doug Sahm

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Juke Box Music の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Doug Sahm & Band
Rhino
2008-08-12
Doug Sahm

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Doug Sahm & Band の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Best of Sir Douglas 68-75
Island / Mercury
1990-07-19
Doug Sahm

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Best of Sir Douglas 68-75 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Texas Tornado
Collector's Choice
2006-10-31
Doug Sahm

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Texas Tornado の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Don Harrison Band
Wounded Bird Records
2004-10-12
Don Harrison

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Don Harrison Band の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Red Hot
Wounded Bird Records
2004-10-12
Don Harrison Band

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Red Hot の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック