秋のレニクラ祭り②【ブラック・アンド・ホワイト・アメリカ】2011

さて続いては・・・2011年リリースの【ブラック・アンド・ホワイト・アメリカ】。実はこのアルバムにはちょっとした苦い思い出が・・・それは2012/12/27の「モンスター寒波・・・」という記事に詳しく書いてあるが、旅行先の函館で見つけてゲットしたのだ。
 何しろ「命の危険」を感じる状況に遭遇し、二度と冬の北海道へはいかないと決心した小旅行だったのだ。で、
その一件から一夜明けて弘前に戻る日にこのアルバムを見つけて、ほんの少し気分が和らいだってな・・・まあ、そのくらいエピソード何だけど・・・。アルバム自体はもちろん、ご機嫌だったし、いいんだけどね・・・同時にゲットしたのはKISSの【モンスター】。
 オープニングのタイトル・ソング・・・いやぁブラスの晴れやかなサウンドと揺らぐエレピ、ストリングス・・・キャッチーなメロディとリズム。いかす!!1曲目にタイトル・ソングを持ってくるパターンが多いのかな?
『カム・オン・ゲット・イット』・・・レニクラお得意のロッキン・ファンク。いやあ。強烈!!
『イン・ザ・ブラック』・・・これもキャッチーなメロディとリフがいかす。
『リキッド・ジーザス』・・・こちらはぐっとメロウでメランコリックなファルセットで・・・。
『ロック・スター・シティ・ライフ』・・・訳詞をみなくてもだいたい中身が予想できそうなロックナンバー。
『ブーンギー・ドロップ』・・・これはクラブとかで受けそうな小品。
『スタンド』・・・これははつらつとしたロック・ナンバー。チェンバロなんかを使ったキューティーな1曲。
『スーパーラブ』・・・メロウなナンバーだけどリズムのメリハリとベースのフレージングにしびれる。
『エブリスィング』・・・よく計算されたリフ作りとリズムの対比が面白い。
『アイ・キャント・ビー・ウィズアウト・ヤ』・・・内省的な内容のマイナー・メロディ・・・。
『ルッキン・バック・オン・ラブ』・・・こういうのもいいんだよね。アルバムに1曲は、こういう和む曲を入れているのもポイント高い。
『ライフ・エイント・エバー・ビーン・ベター・ザン・イット・イズ・ナウ』・・・クールで渋いファンク!!
『ザ・フェイス・オブ・チャイルド』・・・これはメッセージ性全開のミディアム・ロック。だからこそ説得力があるな。
『サンフラワー』・・・めちゃくちゃ複雑なパターンのドラムなんだけど、これレニクラ本人が叩いてるんだよね。
上手すぎる!!
『ドリーム』・・・これは『イマジン』とかの路線かな?
『プッシュ』・・・これは割と平均的な出来・・・。
 ということで、このアルバムも安定しているというか・・・安心して聴ける・・・レニーの場合、革新的なイノベイダーとかじゃなくて、古き良き時代のサウンドを現在の状況に反映させるというスタイルなので、俺はこの方法論はいいと思う。
 さて、次はいよいよ新作【ストラット】について・・・。









ブラック・アンド・ホワイト・アメリカ(初回生産限定盤)
ワーナーミュージック・ジャパン
2011-08-24
レニー・クラヴィッツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラック・アンド・ホワイト・アメリカ(初回生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Lenny Kravitz - Strut
Lenny Kravitz

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lenny Kravitz - Strut の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ラヴ・レヴォリューション
EMIミュージック・ジャパン
2008-01-30
レニー・クラヴィッツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴ・レヴォリューション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック