A to Zラウンド2 [L]ラリー・カールトン【夜の彷徨】

 Mr.335なんて呼び名で70年代末~80年代初頭のフュージョン・ブームを牽引した一人。
というよりも俺の場合、ラリー・カールトンはやはりクルセイダーズでの名演の方がよりなじみがある。
 また、スティーリー・ダンやマイケル・フランクスなどでのセッションには、驚くほど素晴らしいソロがたくさんある。
 ということで、クルセイダーズ脱退後のファースト・ソロ・アルバムはオープニングを飾る『ルーム335』のヒットを受けて、アルバム自体も大いに売れた。
 日本でもついこの前まで、ハードロックをやってた連中が、ラリーを気取ってES-335を弾き始めたのを見て、興ざめしたのを覚えている。
 もっとこう、流行とかじゃなくて確固たるものを持っていないのか、おまえら!! って思ったな。
フュージョンが流行るとフュージョン、テクノが流行るとテクノ・・・。ロックにファッションはつきものだけど、ファッションでそのときそのときやる音楽をコロコロかえるのは俺はかっこわるいと思うんだよね。
 まあ、ラリー・カールトンは俺は好きだけど、自分では弾けないし、弾こうとも思わない。
餅は餅屋だよ。
 ギターを弾くヤツはいろいろ幅広く音楽を聴くのは自由だけど、自分のスタイルを作るには、やはりそれらを咀嚼して取捨選択することが必要だと思う。まあ、たいしたテクニックもなく「ロックはアティテュード」だって言ってる俺はロケンロールとブルースしか弾けないけど・・・。
 それはともかく、A.O.R/フュージョン系の作品としては、このアルバムはご機嫌であることは確か・・・。
しかし、何度も言うけどラリーが本当に実力を発揮してきたのは他のアーティストのセッション(クルセイダーズを含む)の方だと思うな・・・。
 ラリー・カールトンはどう転んでもジョージ・ベンソンにはなれないからね。










Larry Carlton
Grp Records
1990-10-25
Larry Carlton

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Larry Carlton の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ストライクス・トワイス <FUSION 1000>
ワーナーミュージック・ジャパン
2014-06-25
ラリー・カールトン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストライクス・トワイス <FUSION 1000> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Those Southern Knights
Mca
1997-03-11
Crusaders

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Those Southern Knights の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Free As the Wind
Mca
1997-02-25
Crusaders

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Free As the Wind の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Chain Reaction
Mca
1997-08-12
Crusaders

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Chain Reaction の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Sleeping Gypsy
Warner Bros / Wea
1994-10-26
Michael Franks

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sleeping Gypsy の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Art of Tea
Reprise / Wea
1995-01-24
Michael Franks

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Art of Tea の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Royal Scam
Mca
1999-11-23
Steely Dan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Royal Scam の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Aja
MCA
1999-11-23
Steely Dan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Aja の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック