シカゴの最新作?【ライヴ・イン・75】

これはうれしいサプライズ。新作といってもアーカイヴもののライヴなんだけど、75年のビーチ・ボーイズとのツアー[Beachicago Tour]から、ランドオーバー公演の三日間から抜粋されたもの。
 『イントロダクション』~『高鳴る心』~『ビギニングス』そして『いったい現実を把握している者はいるだろうか?』ヘ。
 さらに『コール・オン・ミー』、『僕らに微笑みを』『ジャスト・ユー・アンド・ミー』『オールド・デイズ』『長い夜』・・・。
ディスク2では『ガット・ゲット・イントウ・マイ・ライフ』~『自由になりたい』『アイム・ア・マン』『ダイアローグ』~『ウィッシング・ユー・ワー・ヒア』そして『フィーリング・ストロンガー・エブリデイ』。
 この当時のほぼ代表曲のベスト選曲。
ボリュームでいうと【カーネギー・ホール】にかなわないし、音質ということでは【ライヴ・イン・ジャパン】にひけをとるかもしれないが、演奏の内容は決して悪くない。
 ボリューム的にもちょうどいいかな?
しかし、ロバート・ラム、テリー・キャス、ピーター・セテラが揃っていた頃のシカゴは本当に素晴らしかった。
 タイトルを見ると[XXXIV]と書いてあり、34作目としてしっかりメンバー達が認めた公式作品だという自信が伝わってくる。
 なおこのツアー以降、シカゴは、ムーディー・ブルース、CS&N、ドゥービー・ブラザーズ、ダリル・ホール&ジョン・オーツ、アース・ウィンド&ファイア、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース、アメリカ、REOスピードワゴンなどと同形式のツアーを毎年のように行っていたらしい。それらの音源や画像も是非公式発表して欲しいものだ。
 ※ちなみにアースとのツアーの様子はDVDで商品化されている。












Live in '75
Rhino
2015-02-24
Chicago

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live in '75 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Live in Japan
Rhino
2014-03-11
Chicago

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live in Japan の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



At Carnegie Hall
Rhino / Wea
2005-10-24
Chicago

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by At Carnegie Hall の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



シカゴ・ヴイエス・アース・ウィンド&ファイアー 「ライヴ・アット・ザ・グリーク・シアター」 [DVD]
デジタルサイト
2005-07-29
シカゴ・ウィズ・アース、ウィンド&ファイアー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シカゴ・ヴイエス・アース・ウィンド&ファイアー 「ライヴ・アット・ザ・グリーク・シアター」 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック