見過ごされがちな実力【ヘッド・ファースト】ベイビーズ

 さて渋いところが続いたので、次はハードロック!!
ジョン・ウェイト率いるベイビーズ。これまでも1stと2ndは紹介済みだけど、この3作目もなかなかの出来。78年リリース。
オープニングの『ラヴ・ドント・プルーヴ・アイム・ライト』は、なかなかいかすハードロック。
2曲目はややメロウなバラードからダイナミックなサウンドに変化するいわゆる「パワー・バラード」の先駆けの様なナンバー。
 『アイ・ワズ・ワン』・・・これは好きなタイプのミディアム・ロック。そう、ちょっとバドカンとかを意識したようなサウンド。このパターンは好きなんだよね、前曲より好きだな。
『ホワイト・ライトニング』・・・アコギとストリングスをフィーチャーしたメランコリックなナンバー。
『ラン・トゥ・メキシコ』・・・なかなか疾走感のあるサウンド。分厚いギターとエレクトリック・ピアノが効いているかな?
『ヘッド・ファースト』・・・真っ向からたたきつけるビートがいかすロケンロール。こういうまっとうなロケンロールがもっとあったらなぁ~。いやいや次作の【ユニオン・ジャック】はタイトルに反してかなりアメリカナイズされた80年代っぽいサウンドに変わってしまうので、俺の中ではベイビーズはこのアルバムで終わっている・・・。
『ユー(ガット・イット)』・・・これまた甘口のバラード・・・うん、あまり好みではないな。
『プリーズ・ドント・リーヴ・ミー・ヒア』・・・ブルージーなギターとアコースティック・ピアノが印象的なナンバー。
『カリフォルニア』・・・なんかすっかり毒気の抜けたさわやかなナンバー。このあとのアメリカナイズ化を象徴するような・・・。








Head First
Rock Candy
2011-07-04
Babys

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Head First の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



The Babys/Broken Heart
Beat Goes On
2008-11-03
The Babys

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Babys/Broken Heart の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック