アンノウン・ソルジャー列伝【ポウズ・フォー・ソート】アスラン

 幻の英国フォークの逸品として、原盤はマニア垂涎の的であったらしい。韓国製とはいえ、こうしてCDで聴けるのはありがたい。このBIG PINKというレーベル、他にも沢山いいカタロクを所有しているらしい。
 昨年の「ヘンリー・マッカロク」の【マインド・オブ・ユア・ビジネス】や「ハイウェイ」の数枚のアルバムもここからリイシューされたものを手に入れた。
 さて、「アスラン」・・・一言で言うとフィーメール・ボーカルをフィーチャーしたフォーク・グループ。
ジャンルでいうとブリティッシュ・クリスチャン・フォークというのだそうだ。でも、一聴した感じでは決して宗教臭く聞こえないし、俺はアコギやコーラスを中心とした素朴なサウンドがいいと思う。
 なんでこんなマイナーな存在を知ったのかというと、以前あるガイド本で見かけて、ほんの少し知識があっただけ・・・。決め手は・・・ジャケット・アートが気に入ったから・・・ビバ!!ジャケ買い!!








Paws For Thought (韓国盤, 紙ジャケット仕様)
Big Pink
Aslan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Paws For Thought (韓国盤, 紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年08月23日 13:06
これは女声ヴォーカルとギター伴奏のバランスがいいですね。「アスラン」といえば映画にもなった「ナルニア物語」のライオンのことですね。ジャケットにもいる。イギリスの古い伝説などをモチーフにした歌なのではないでしょうか。ブリティッシュ・クリスチャン・フォークというのは。全く知らないので憶測ですが。
2015年08月23日 14:15
クリスチャン・フォークというのは、黒人でいうとゴスペルのような宗教歌のようです。ちなみに、アメリカではリッチー・フューレイが一応そういう音楽をやっているそうです。

この記事へのトラックバック