アナログ・アドベンチャー[7]キメラ・・・ミスティックなフィーメール・ボーカルの魅力

 1970年リリース。プレス数そのものが極端に少ない珍品?? 俺の持っているレコードは手書きでNo945と書いてある。2002年に再リリース。
 なにやらいかがわしいビデオを彷彿とさせる半裸の女子二人の並んだジャケット・アート。そう全くのジャケ買い。
 結果は大当たり!! このフォーキーでちょっとサイケがかったサウンド。ジャケットの二人フランチェスカとリサのマジカルなボーカル。男性ボーカルも混じったコーラス。ピアノ、アコギ、キーボードを中心としたバッキング。
 なんと『レディ・ウィズ・ブレッツ・イン・ハー・ヘア』には、ピンク・フロイドのリック・ライトがキーボードでゲスト参加。さらにフロイドつながりでニック・メイソンが『ザ・グレイル』にドラムで参加している。
 ミスティックな雰囲気とサイケがかったプログレ、それにフォーク・トラッドが好きな人にならばっちりのアルバム。




 
 

Chimera
Wooden Hill
2004-06-14
Chimera

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Chimera の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2015年12月17日 23:54
おお!流石コレまでもお持ちでしたか~♪自分もフォーク&トラッドの名盤として高い評判を得ている事は存じてましたが見た事も聞いた事も無かったもので…イイなぁー、欲しいなぁー(笑)
2015年12月18日 08:37
なんとこのアルバム今から10年くらい前に地元の中古盤フェアで見つけたのです!!ラッキーでした。

この記事へのトラックバック