ラッキー・チャーム[ウルトラ怪獣ソフビ]24 ウルトラマン

 ウルトラ・ヒーローもので好きなのはなんといってもセブンと初代マン。あとはもう全然はまらなかった。
怪獣もデザインが素晴らしかったのはウルトラQからセブンまで・・・。※かろうじてツインテールは例外。

見ていた年齢的にも、そこら当たりまでが限界。怪獣よりも夢中になれるものを見つけた。
 それがロック(音楽)!!
レッド・ツェッペリン、キング・クリムゾン、ブラック・サバス、ディープ・パーブル、T-REX、ディヴィッド・ボウイ、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック・・・エアロスミス、クイーン、キッス・・・ピンク・フロイド、イエス、EL&P・・・イーグルス、ドゥービー・ブラザーズ、レイナード・スキナード、オールマンブラザーズ・・・そしてビートルズ、ストーンズ、ディラン・・・。
 もうまるで新しい怪獣の名前でも覚えるみたいに、それらのバンドやアーティストの名前を、ミュージック・ライフなどの写真と共にすり込んでいった。アルバム・ジャケットとサウンドはあとから付いてきた・・・。
 「怪獣に夢中になっていた少年達が次に夢中になったのがロックやフォークなどの音楽」
深夜のラジオを頻繁に聞くようになったのも、ほぼ同時期・・・。
 怪獣の得意技や宇宙人の武器の名前の代わりに、どのミュージシャンがどんな楽器を使っているかの方が遙かに興味がわいた。
 ギブソン・レスポール、SG、ファイアバード、フェンダー・ストラトキャスター、テレキャスター、グレッチ・テネシアン、エピフォン・カジノ、リッケンバッカーなどなど・・・。
 あれから40数年経ってるけど、音楽(ロック・ソウル・ポップス)は未だに夢中にさせてくれる。
 そしてこの年になってふっと振り返ると音楽の前には・・・怪獣があったんだよね。
ひょんなことからソフビを集めることになった。

怪獣ソフビに関してはガラモン、ペギラ、チャンドラー、ダダなんかは欲しいんだけど、なかなか安いシリーズでは見つからない。※というか発売していないものが多い。
「ダダ」なんかは数千円のクラスのものしか出ていない。
 ネットオークションなんかを使って手に入れようとかは考えていない。そこまで夢中ではない。
身の丈にあった身近な環境で手に入れられればそれで良いのだ。

てことで新年早々、熱にとりつかれたように紹介してきた「ウルトラ怪獣ソフビ」もひとまず、終了!!

画像

 
ウルトラソフビ超図鑑 (ワールド・ムック 827)
ワールドフォトプレス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウルトラソフビ超図鑑 (ワールド・ムック 827) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック